Final Cut Pro X: オーディションの概要

オーディションの概要

「Final Cut Pro」では、関連するクリップオーディションと呼ばれるセットにまとめて、使用するクリップをその中から選択することができます。異なるクリップをまとめたオーディションを作成して複数のテイクを試してみたり、同じクリップの複数バージョンをまとめたオーディションを作成してさまざまなエフェクトをプレビューしたりできます。

オーディションのフィルムストリップには、ピックと呼ばれる、現在選択されているクリップが表示されます。オーディション内のその他すべてのクリップは代替と呼ばれます。オーディションを開くと、選択されているクリップと代替を見ることができます。

選択されているクリップとその両側に代替クリップが表示された「オーディション」ウインドウ

オーディションには、タイムライン内のほかのクリップに影響を及ぼさずに、いろいろな編集を含めることができます。オーディション内のクリップをレビューしていないときは、オーディションは単体のクリップと同様に機能します。オーディションをトリムしたり、オーディションとほかのクリップの間にトランジションを適用したり、キーワードマーカーを追加したりできます。

オーディション内のクリップをレビューしてプロジェクトに最適なクリップを判断した後は、オーディションをファイナライズします。つまり、オーディションを分解し、ピックを単体のクリップとしてタイムラインに残します。ピックには、タイムラインでのオーディションの位置と、オーディションに適用されたすべてのキーワードおよびマーカーが継承されます。

注記:オーディションは、ブラウザとタイムラインでは左上隅にオーディションアイコンの付いたクリップとして表示されます。

ブラウザとタイムラインでクリップに表示されたオーディションアイコン
公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?