Final Cut Pro X: 3 ポイント編集の概要

3 ポイント編集の概要

3 ポイント編集では、ブラウザタイムラインでの始点と終点を使用して、クリップの継続時間とタイムラインでの配置を指定することができます。3 ポイント編集という名前は、ソースクリップの使用する部分とタイムラインでそのクリップを配置する場所を決定するために、3 つの編集点だけが必要であることに由来します。4 つ目の編集点は自動的に推測されます。編集の結果は、ブラウザとタイムラインで設定する 3 つの編集点が 2 つの始点と 1 つの終点であるか、1 つの始点と 2 つの終点であるかによって異なります。

3 ポイント編集は以下のタイプの編集で使用できます:

これらの編集タイプのそれぞれで、バックタイム 3 ポイント編集を行うこともできます。この編集では、ブラウザまたはタイムラインで(始点ではなく)終点がスキマーまたは再生ヘッドに揃えられます。スキマーの位置とクリップの継続時間から始点と終点が推測される 2 ポイント編集を行うこともできます。

3 ポイント編集を行うには、選択の方法とスキマーおよび再生ヘッドの使用方法を知っておくことが重要です。選択の方法について詳しくは、範囲を選択するおよび1 つ以上のクリップを選択するを参照してください。スキマーと再生ヘッドの詳細については、再生およびスキミングの概要を参照してください。

基本的な 3 ポイント編集は 3 つの手順で行います:

手順 1:ブラウザでソース選択編集点を設定する

クリップのどの部分をタイムラインに配置するかを指定します。これを行うには、始点と終点を設定します。ブラウザで始点だけを設定したい場合は、編集を開始する場所にスキマー(または再生ヘッド)を置きます。この場合、終点はタイムラインで設定された始点と終点、またはクリップの最後によって決定されます。ブラウザで複数のクリップを選択することもできます。その場合はソースメディアの合計継続時間によって始点と終点が決定されます。

手順 2:タイムラインでストーリーライン内の編集点を設定する

基本ストーリーラインまたは接続されたストーリーライン内で始点と終点を設定することで、クリップをタイムラインに表示するかを指定します。タイムラインで始点と終点の両方が設定されている場合は、ブラウザで設定されている継続時間に関係なく、それらの編集点によって編集の継続時間が決定されます。タイムラインで始点も終点も設定されていない場合は、スキマーの位置が編集の始点として使用されます。スキマーが表示されていない場合は、再生ヘッドの位置が使用されます。

重要:少数の例外を除いて、3 ポイント編集ではクリップを選択するのではなく範囲選択をする必要があります。

手順 3:ソースクリップまたはソース選択をタイムラインに追加する

挿入、接続、または上書きを選択します。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?