Final Cut Pro X: 分割編集を作成する

分割編集を作成する

個々のクリップのビデオとオーディオに別々の始点と終点を設定することで、スプリット編集を作成できます。スプリット編集を使って、新しいショットやシーンのサウンドを流してからそのショットやシーンのビデオに切り替えたり、現在のショットのオーディオを継続して次のショットにかぶせたりできます。たとえば、話している人物のクリップから聞いている人物のビデオに切り替えることができます。その間、最初のクリップのオーディオが続いています。

スプリット編集は、会話のシーンや、インタビュー中に風景などの B ロール素材に切り替わる場合や、1 つのシーンから別のシーンへのトランジションを設定する場合など、多くの状況で使用できます。スプリット編集によって、1 つのショットから次のショットへのシームレスな編集を作成できます。

スプリット編集を行うと、L クリップと J クリップではオーディオが左または右方向に延びます。これらは L カットおよび J カットと呼ばれます。

スプリット編集をドラッグ操作で作成する

スプリット編集を作成するには、1 つのクリップのオーディオを隣接するクリップにかぶせます。この例では、女性のクローズアップのオーディオを男性の標準的なショットに重ねて J カットを作成します。

  1. クリップをムービーに表示したい順序でタイムラインに追加します。

    タイムラインのクリップ
  2. 編集したいクリップのオーディオを分割表示するには、以下のいずれかの操作を行います:

    クリップのオーディオ部分とビデオ部分が別々のコンポーネントとして表示され、個別に変更できるようになります。この場合もオーディオとビデオは関連付けられていて、同期関係にあります。

    タイムラインでビデオとオーディオが分割されたクリップ
  3. クリップのビデオ部分の始点(左端)を右にドラッグすると、リップル編集でトリムされます。

    以下の例では、女性のクローズアップのビデオの始点が右にドラッグされています。

    ビデオの始点が右に移動されて、クリップのオーディオ部分が前のクリップのオーディオに重なっている

    これによって J スプリット編集が作成され、オーディオの始点が前のクリップに重なります。

  4. スプリット編集を完了するには、前のクリップのオーディオを分割表示してから、以下のいずれかの操作を行います:

    • 前のクリップの終点を左にドラッグして、2 つのオーディオクリップが重ならないようにします。

      タイムラインでオーディオが重ならないように前のクリップのオーディオの終点を左にドラッグ中
    • どちらかのクリップのオーディオ(フェード)レベルを調整して、重なったオーディオが自然に聞こえるようにします。

      前のクリップのオーディオの終点にフェードが追加されている
  5. 分割表示されたオーディオをオフにして、影響を受けるクリップを「クリーンアップ」したい場合は、以下のいずれかの操作を行います:

    • タイムラインでクリップを選択して、「クリップ」>「オーディオをしまう」と選択します(または Control + S キーを押します)。

    • クリップの オーディオ波形 をダブルクリックします。

    展開表示をオフにした後のタイムライン内のスプリット編集

この部分をタイムラインで再生すると、女性の話し声が聞こえ始めてから女性のクローズアップに切り替わります。

スプリット編集をキーボードショートカットで作成する

キーボードショートカットを使ってスプリット編集をすばやく作成できます。この例では、女性のクローズアップのオーディオを男性の標準的なショットに重ねて J カットを作成します。

  1. 2 つのクリップの隣接する側にそれぞれ十分なメディアハンドルがあることを確認します。余裕がない場合は、クリップをトリム(短く)してメディアハンドルを作ります。

  2. 隣接する 2 つのクリップのオーディオを分割表示するには、以下のいずれかの操作を行います:

    • タイムラインで、オーディオを展開表示したいクリップを選択して、「クリップ」>「オーディオを展開」と選択します(または Control + S キーを押します)。

    • クリップのオーディオ波形をダブルクリックします。

    タイムラインで 2 つの隣接するクリップが選択され、オーディオが展開表示されている
  3. 再生ヘッドを 2 つのクリップ間の編集点に移動します。

    タイムラインで 2 つのクリップ間の編集点に再生ヘッドが置かれている

    キーボードショートカットを使うと、再生ヘッドを正確な位置に移動できます:

    • 再生ヘッドを前の編集点に移動する:セミコロン(;)キーまたは上矢印キーを押します。

    • 再生ヘッドを次の編集点に移動する:コロン(:)キーまたは下矢印キーを押します。

  4. 以下のいずれかの操作を行います:

    • オーディオ編集点の両側を選択する:Shift +円記号(¥)キーを押します。

    • ビデオ編集点の両側を選択する:円記号(¥)キーを押します。

    タイムラインでオーディオ編集点の両側が選択されている
  5. オーディオ編集点またはビデオ編集点をロールするには、以下のいずれかの操作を行います:

    • 編集点を左または右に細かく移動する:キーを押します。

    • 編集点を左または右に 10 フレーム移動する:キーを押します。

    • 指定したタイムコード分だけ移動する:プラス記号(+)キーまたはマイナス記号(-)キーを押してから、移動するタイムコードの長さを入力して、Return キーを押します。

      入力中、ビューアの下にタイムコード入力フィールド(青い数字)が表示されます。タイムコード値の入力について詳しくは、タイムコードを使って移動するを参照してください。

    オーディオ編集点を左側にシフトしてスプリット編集を作成中

この部分をタイムラインで再生すると、女性の話し声が聞こえ始めてから女性のクローズアップに切り替わります。

オーディオをビデオに揃える

スプリット編集を行って、クリップのオーディオ部分がビデオ部分より長くなる場合は、オーディオとビデオをすばやく揃えてビデオとオーディオの始点と終点を一致させることができます。

  1. タイムラインで、揃えたいクリップまたはコンポーネントを選択します。

  2. 「トリム」>「オーディオをビデオに揃える」と選択します。

コンポーネントを選択すると、コンポーネントの両端でオーディオが揃えられます。コンポーネントの端を選択すると、その端のみが揃えられます。

注記:プロジェクト内に多数のスプリット編集がある場合は、オーディオロールを個別のレーンに表示してオーディオを展開表示すると便利です。詳しくは、オーディオレーンを使ってタイムラインを整理するを参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?