Final Cut Pro X: オンスクリーンコントロールを表示する/隠す

オンスクリーンコントロールを表示する/隠す

トランジションを選択すると、トランジションのオンスクリーンコントロールが表示されます。エフェクトを選択したとき、あるいは、ビデオエフェクトが適用されているタイムライン内のクリップまたはタイトルの上に再生ヘッドが置かれたとき、クリップエフェクトのオンスクリーンコントロールが表示されます。これらのオンスクリーンコントロールは、表示したり隠したりすることもできます。

注記:タイムラインでクリップを再生するときは、オンスクリーンコントロールは常に隠されます。

トランジションのオンスクリーンコントロールを表示する/隠す

  • トランジションのオンスクリーンコントロールを表示する:タイムラインでトランジションを選択します。

  • トランジションのオンスクリーンコントロールを隠す:タイムラインでトランジションの選択を解除します。

クリップエフェクトのオンスクリーンコントロールを表示する/隠す

  • エフェクトのオンスクリーンコントロールを表示する:エフェクトが適用されているクリップの上に再生ヘッドを移動します。または、エフェクトが適用されているクリップをタイムラインで選択してから、「ビデオアニメーション」エディタ「ビデオ」インスペクタのどちらかでエフェクトを選択します。

  • エフェクトのオンスクリーンコントロールを隠す:タイムラインでエフェクトが適用されたクリップの選択を解除するか、「ビデオアニメーション」エディタまたは「ビデオ」インスペクタでエフェクトの選択を解除します。

注記:オンスクリーンコントロールを使うエフェクトがクリップに複数含まれている場合は、クリップの上に再生ヘッドを置くと、一番上のエフェクトのオンスクリーンコントロールのみが表示されます。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?