Final Cut Pro X: オンスクリーンコントロールの概要

オンスクリーンコントロールの概要

エフェクト、トランジション、その他の項目の多くでは、ビューアでビデオ上に表示されるオンスクリーンコントロールを使って各種のパラメータを簡単に調整できます。オンスクリーンコントロールで調整できるパラメータの多くはインスペクタでも調整できますが、オンスクリーンコントロールでしか調整できないパラメータもいくつかあります。

オンスクリーンコントロールでは、「魚眼」エフェクトの中心といった単純な設定から、「ビネット」エフェクトの直径、幅、位置といった複雑な設定まで調整できます。

このセクションでは、クリップエフェクトとトランジションで利用できるオンスクリーンコントロールの種類について説明します。これらのほかに、「Final Cut Pro」の以下の要素でもオンスクリーンコントロールを利用できます:

  • 内蔵エフェクト:内蔵エフェクトではオンスクリーンコントロールを幅広く使用できます。詳しくは、内蔵エフェクトの概要を参照してください。

  • クロマキーイング:クロマキーヤーの構成時に特殊なオンスクリーンコントロールを使用できます。詳しくは、クロマキーを使用するを参照してください。

  • 色補正:色補正では、カラーマスクやシェイプマスクを作成するためのオンスクリーンコントロールを使用できます。色補正エフェクトの概要を参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?