Final Cut Pro X: プレースホルダを追加

プレースホルダを追加

プロジェクト内にまだ埋まっていない場所があるときは、生成済みプレースホルダを使って、最終的なコンテンツのイメージを示すクリップで埋めることができます。プレースホルダクリップを設定して、クローズアップ、グループショット、ワイドショットなど、幅広い種類の標準的ショットを表すことができます。

  1. タイムラインで、プレースホルダクリップを追加したい位置まで再生ヘッドをドラッグします。

  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 「編集」>「ジェネレータを挿入」>「プレースホルダ」と選択します(または Option + Command + W キーを押します)。

    • 「タイトルとジェネレータ」サイドバーで、「ジェネレータ」の開閉用三角ボタンをクリックしてジェネレータのカテゴリを表示し、「要素」を選択してから、ブラウザで「プレースホルダ」のサムネールをダブルクリックします。

  3. タイムラインでプレースホルダクリップを選択します。

  4. 「ジェネレータ」インスペクタが表示されていない場合は、以下のいずれかの操作を行います:

    • 「ウインドウ」>「ワークスペースに表示」>「インスペクタ」と選択します(または Command + 4 キーを押します)。

    • ツールバーの右側にある「インスペクタ」ボタンをクリックします。

      ツールバーの「インスペクタ」ボタン
  5. インスペクタの上部にある「ジェネレータ」ボタンをクリックします。

    「ジェネレータ」ボタン
  6. 「ジェネレータ」インスペクタで、プレースホルダを作成するショットのタイプに合わせて、プレースホルダクリップの設定を調整します。

    左のビューアに 3 人の人物が写ったプレースホルダクリップが表示され、右の「ジェネレータ」インスペクタにプレースホルダクリップの設定が表示されている
  7. このクリップに関するテキストを入力できるテキスト領域をビューアに追加するには、「メモを表示」を選択します。

タイムラインの空いている場所を空白のクリップで埋めたい場合は、ギャップクリップを挿入できます。詳しくは、プロジェクトにクリップを挿入するを参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?