Final Cut Pro X: クリップの遠近感を歪める

クリップの遠近感を歪める

「歪み」エフェクトを使ってイメージを歪めることができます。「歪み」エフェクトでは、ビデオフレームのそれぞれの角と端をほかとは独立してドラッグすることにより、外観を歪めたり、3 次元的な遠近感を出したりできます。

注記:「歪み」エフェクトではビデオの形状を変更したりアニメートしたりできますが、ビデオの位置には影響しません。別の位置に移動するようにビデオをアニメートするときは、「変形」エフェクトを使用します。

  1. タイムラインでクリップを選択します。

  2. タイムラインでクリップの上に再生ヘッドを移動して、ビューアにクリップのビデオを表示します。

  3. 「歪み」コントロールを表示するには、以下のいずれかの操作を行います:

    • ビューアの左下隅にあるポップアップメニューをクリックして、「歪み」を選択します(または Option + D キーを押します)。

      「歪み」コントロールを表示するための「歪み」メニュー項目
    • Control キーを押したままビューア内をクリックし、「歪み」を選択します。

  4. オンスクリーンコントロールを使ってエフェクトを調整する:

    • 各隅にある青いハンドル:一部がほかの部分よりも近くに見えるようにすることで、イメージに 3 次元の遠近感が出ます。

    • 各辺の中央にある青いハンドル:各辺の位置を調整するときは、これらのハンドルをドラッグします。(中心点に対する方向ではなく)エッジに沿った方向にドラッグすると、外観を歪めることができます。

    • ウインドウ内の任意の場所:ウインドウの位置を調整するときは、ウインドウ内をドラッグします。

      「歪み」エフェクトのオンスクリーンコントロールが表示されたビューア

    注記:「ビデオ」インスペクタで「歪み」コントロールを使用して、各角を個別に調整することもできます。

  5. エフェクトの調整が終わったら、「完了」をクリックします。

エフェクトをアニメートして、背景上で動かすこともできます。内蔵エフェクトの操作について詳しくは、内蔵エフェクトを操作するを参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?