Final Cut Pro X: クリップをトリムする

クリップをトリムする

「トリム」コントロールを使ってイメージの各端を個別にトリミングし、窓のように見せることができます。このエフェクトの一般的な使いかたとして、「変形」エフェクトと共に使用し、基本ストーリーラインクリップ上に置いたクリップをトリミングして、基本ストーリーラインクリップを背景として使うことができます。

  1. タイムラインでクリップを選択します。

  2. タイムラインでクリップの上に再生ヘッドを移動して、ビューアにクリップのビデオを表示します。

  3. 「トリム」コントロールを表示するには、以下のいずれかの操作を行います:

    • ビューアの左下隅にあるポップアップメニューをクリックして、「クロップ」を選択します(または Shift + C キーを押します)。

      「トリム」、「クロップ」、および「Ken Burns」コントロールを表示するための「クロップ」メニュー項目
    • Control キーを押したままビューア内をクリックし、「クロップ」を選択します。

  4. ビューアの下部の「トリム」ボタンをクリックします。

  5. オンスクリーンコントロールを使ってエフェクトを調整する:

    • 各隅にある青いハンドル:トリムウインドウの縦横 2 つの辺の位置を同時に調整するときは、これらのハンドルをドラッグします。

    • 各辺の中央にある青いハンドル:各辺の位置を個別に調整するときは、これらのハンドルをドラッグします。

    • ウインドウ内の任意の場所:ウインドウの位置を調整するときは、ウインドウ内をドラッグします。

      「トリム」オンスクリーンコントロールが表示されたビューア

    「ビデオ」インスペクタの「クロップ」セクションにある「左」、「右」、「上」、および「下」パラメータを使用して、イメージのそれぞれの端を個別に調整することもできます。

  6. エフェクトの調整が終わったら、「完了」をクリックします。

エフェクトをアニメートして、背景上で動かすこともできます。内蔵エフェクトの操作について詳しくは、内蔵エフェクトを操作するを参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?