Final Cut Pro X: 内蔵エフェクトの概要

内蔵エフェクトの概要

「Final Cut Pro」には、タイムラインの各クリップに含まれビューアで直接操作できるビデオエフェクトがいくつかあります。これらのエフェクトは、選択して調整を始めるだけで利用できます。内蔵エフェクトを使用して以下を行うことができます:

一度に複数の内蔵エフェクトを使用できます。たとえば、「変形」エフェクトを使ってイメージのサイズと位置を変え、「トリム」エフェクトを使って映像の一部を切り取り、「歪み」エフェクトを使って全体を歪ませることができます。

これらのエフェクトをアニメートして、クリップの再生中に変化させることもできます。たとえば、イメージが小さくなって画面から消えるように設定できます。アニメーションを作成するには、クリップ内の複数のポイントで設定を変えます。クリップを再生すると、「Final Cut Pro」によって、それらのポイント間が補間されて滑らかなアニメーションが作成されます。

エフェクトとそのパラメータ設定の組み合わせをエフェクトプリセットとして保存できます。保存したプリセットは、「エフェクト」ブラウザに表示され、クリップエフェクトと同じように利用できます。詳しくは、ビデオエフェクトのプリセットを保存するおよびオーディオエフェクトのプリセットを保存するを参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?