Final Cut Pro X: トランジション、エフェクト、ジェネレータの概要

トランジション、エフェクト、ジェネレータの概要

プロジェクト内のビデオ、オーディオ、および写真に、特殊なエフェクトを簡単に追加できます。

「Ken Burns」エフェクトのコントロールが表示されているビューア

「Final Cut Pro」には、いくつかの種類のエフェクトとコントロールが用意されています:

  • トランジション:クリップ間に追加して、あるクリップから次のクリップへ切り替わる方法をコントロールするエフェクトです。トランジションの概要を参照してください。

  • エフェクト:ビデオクリップやオーディオクリップにエフェクトを追加できます。さりげないもの(フィルムの粒状ノイズや色補正などのビデオエフェクト、グラフィックイコライザなどのオーディオエフェクト)から大胆なもの(水滴の波紋や昆虫の複眼などのビデオエフェクト、誇張したピッチシフトなどのオーディオエフェクト)まで、さまざまな種類があります。エフェクトは大きく 2 種類に分けられます:

    • 内蔵エフェクト:ビデオクリップに、サイズ変更、移動、回転、トリム、歪み、クロップ、Ken Burns ズーム効果を適用するための標準的なエフェクトです。タイムラインに追加したクリップにはこれらのエフェクトがあらかじめ含まれるので、調整するだけで利用できます。詳しくは、内蔵エフェクトの概要を参照してください。

    • クリップエフェクト:ビデオクリップやオーディオクリップの問題を修正したり、見た目や音を華やかに演出したりするためのエフェクトです。詳しくは、クリップエフェクトの概要を参照してください。

  • ジェネレータ:プロジェクトに追加できる、プレースホルダクリップ、タイムコードジェネレータ、カウントダウンタイマーなどの特殊な要素や、カラー、パターン、またはアニメートされた背景です。詳しくは、ジェネレータの概要を参照してください。

  • オンスクリーンコントロール:さまざまなエフェクトをカスタマイズするための、画面上に表示されるコントロールです。詳しくは、オンスクリーンコントロールの概要を参照してください。

  • ビデオアニメーション:クリップの再生中にエフェクト設定を変化させます。詳しくは、ビデオアニメーションの概要を参照してください。

エフェクトは、タイムライン内の任意のクリップに追加できます。エフェクトを追加した後(内蔵エフェクトの場合は調整した後)は、インスペクタのコントロール、ビューアのオンスクリーンコントロール、「ビデオアニメーション」エディタと「オーディオアニメーション」エディタのコントロールを使って、エフェクトをカスタマイズできます。また、オーディションを使ってエフェクトを複数バージョン作成して比べてみることもできます。

ほとんどのエフェクトとジェネレータは、「Final Cut Pro」と連携する Apple アプリケーション「Motion」で開いたりカスタマイズしたりできます。

注記:他社製のプラグインが使われている「Motion」で作成したトランジション、タイトル、エフェクト、またはジェネレータを使う場合、Final Cut Pro システムにこのプラグインがインストールされていないと、Final Cut Pro プロジェクトが不正確または不完全にレンダリングされることがあります。このことが原因かどうかを調べるには、「Motion」でテンプレートを開きます。オフラインの要素があれば警告ダイアログが表示されます。詳しくは、Motion で独自のバージョンのトランジションを作成する「Motion」で独自のバージョンのタイトルを作成するMotion で独自のバージョンのビデオエフェクトを作成する、またはMotion で独自のバージョンのジェネレータを作成するを参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?