Final Cut Pro X: クリップのリタイミング時にピッチを保持する

クリップのリタイミング時にピッチを保持する

「Final Cut Pro」ではデフォルトで、クリップのリタイミング時にピッチが保持されます。そのため、クリップの再生を速くしたらピッチが高くなり遅くしたら低くなるといったことはありません。クリップのリタイミングの前または後に、この機能のオン/オフを切り替えることができます。

  1. タイムラインで、速度を変更したクリップ全体またはクリップ内の特定の範囲選択します。

  2. ビューアの下にある「リタイミング」ポップアップメニューをクリックし、「ピッチを保持」を選択します。

    ビューアの下の「リタイミング」ポップアップメニュー

    コマンド名の左側にチェックマークが表示されているときは、「ピッチを保持」がオンになっています。オフにするには、「ピッチを保持」をもう一度選択します。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?