Final Cut Pro X: オーディオを補正する

オーディオを補正する

「Final Cut Pro」には、プロジェクトのオーディオを自動的に解析および補正できる強力なツールがいくつか用意されています。以下のものがあります:

  • ラウドネス:メインオーディオ信号のバランスを整えて、音がより均一に聞こえるようにします。

  • 背景ノイズ除去:背景ノイズを除去します。

  • ハム除去:50 Hz または 60 Hz でよく発生する電気的なハムノイズを除去します。

これらの補正はすべて、一般的なオーディオの問題を自動的に、または少しの操作だけで修正することを目的としています。

オーディオクリップを解析して自動的にそれらの問題を修正することも、「オーディオ」インスペクタの「オーディオ補正」セクションで手動で調整することもできます。クリップの読み込み時にオーディオの問題を解析して修復することもできます。(詳しくは、オーディオ解析のオプションを参照してください。)

注記:「オーディオの問題を解析して修復」読み込みオプションを選択してクリップを読み込むと、オーディオに関する重大な問題だけが修正されます。クリップのオーディオにさほど重大でない問題がある場合は、クリップの読み込み後、「オーディオ」インスペクタの「オーディオ補正」セクションで「オーディオ解析」の横に黄色いマークが表示されます。これらの問題を修正するには、「オーディオ」インスペクタでオーディオを自動補正する必要があります。

  1. タイムラインで、オーディオクリップまたはオーディオが含まれるビデオクリップを選択します。

    重要:オーディオ補正は、クリップレベルではなくコンポーネントレベルで機能します。複数のオーディオコンポーネントを含むオーディオクリップ(デュアル・モノ・クリップなど)の場合は、個々のコンポーネントを選択してから補正を行います。

  2. 以下のいずれかを実行します:

    • 「変更」>「オーディオを自動補正」と選択します(または Option + Command + A キーを押します)。

    • ビューアの下にある「補正」ポップアップメニューをクリックし、「オーディオを自動補正」を選択します。

      「補正」ポップアップメニュー
    • 「オーディオ」インスペクタで、「オーディオ補正」セクションの「オーディオ解析」の横にある「オーディオを自動補正」ボタン をクリックします。

  3. インスペクタを開き(まだ開いていない場合)、上部にある「オーディオ」ボタンをクリックします。

    「オーディオ」ボタン

    インスペクタの「オーディオ補正」セクションで補正項目の横に表示される緑色のチェックマークは、クリップの解析が完了し、必要に応じて補正が調整されたことを示します。修正が行われた補正項目の横には、補正が有効であることを示す青いチェックボックスが表示されます。その他の補正を有効にするには、その項目のチェックボックスを選択します(補正が有効になっているときは、チェックボックスが青く表示されます)。

  4. 「オーディオ」インスペクタで、以下のいずれかの操作を行います:

    • イコライゼーションを調整する:「イコライゼーション」セクションで、「イコライゼーション」ポップアップメニューをクリックしてイコライゼーションプリセットを選択するか、「コントロール」ボタンをクリックして手動で調整します。

    • ラウドネスの設定を変更する:「ラウドネス」セクションの「量」および「均一性」の割合スライダをドラッグします。「量」スライダはクリップの全体的なラウドネス(圧縮)を増減し、「均一性」スライダは影響を受けるダイナミックレンジを増減します。

    • 背景ノイズ除去の割合を変更する:「ノイズ除去」セクションの「量」スライダをドラッグします。

    • ハムを除去する:「ハム除去」セクションの「50 Hz」または「60 Hz」を選択します。

    「オーディオ」インスペクタ。補正を有効または無効にするためのチェックボックスが表示されている

    補正を無効にするには、チェックボックスの選択を解除します。その場合は、以下のいずれかのインジケータが表示されることがあります:

    • 黄色い三角形の警告は、潜在的な問題があることを示します。

    • 赤いマークは、重大な問題があることを示します。

クリップが別のクリップのように聞こえるようにしたい場合は、オーディオを合わせることができます。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?