Final Cut Pro X: オーディオエフェクトを調整する

オーディオエフェクトを調整する

「オーディオ」インスペクタまたはエフェクトウインドウのコントロールを使ってエフェクトのパラメータを調整できます。

Audio Unit エフェクトまたは Logic エフェクトを使用している場合は、エフェクトウインドウを開くとインターフェイスを展開表示できます。

「Final Cut Pro」に付属の Logic エフェクトについて詳しくは、「Final Cut Pro X Logic エフェクト」を参照してください。

オーディオエフェクトを調整する

  1. タイムラインで、エフェクトを調整したいクリップを選択します。

  2. 「オーディオ」インスペクタの「エフェクト」セクションで目的のエフェクトを見つけます。

    「オーディオ」インスペクタの「エフェクト」セクションに表示されているエフェクトの「コントロール」ボタン
  3. エフェクトのパラメータを表示するには、以下のいずれかの操作を行います:

    • エフェクト名の右側にある「コントロール」ボタンをクリックして、詳細コントロールのある大きいウインドウを表示します。

    • インスペクタでエフェクトの上にポインタを移動し、エフェクトのバーの端に表示される「表示」ボタンをクリックします。

  4. エフェクトのパラメータを選択し、必要に応じて設定を調整します。「

    タイムラインでスキマーを使用するかクリップを再生して、調整をプレビューできます。

    エフェクトの値をデフォルト設定に戻すときは、エフェクトの「リセット」ボタン をクリックします。

Audio Units エフェクトおよび Logic エフェクトのプリセットを使う

Audio Units エフェクトおよび Logic エフェクトの多くには、狭い部屋や大聖堂の音響をシミュレートするリバーブプリセットなど、特定の設定または環境に合わせた内蔵プリセットがあります。プリセットを使用すると、エフェクトをすばやく簡単にプレビューしたり適用したりできます。

  1. 「オーディオ」インスペクタの「エフェクト」セクションで目的のエフェクトを見つけます。

  2. 「プリセット」ポップアップメニューをクリックして、プリセットを選択します。

    「オーディオ」インスペクタの「エフェクト」セクションの「プリセット」ポップアップメニューのオプション

    スキマーを使うか、タイムラインでクリップを再生すると、プリセットをプレビューできます。

    エフェクトをデフォルト設定に戻すには、「プリセット」ポップアップメニューをクリックして「デフォルト」を選択します。

カスタムの Audio Units エフェクトおよび Logic エフェクトのプリセットを編集して保存する

エフェクトのコントロールを調整してプリセットのパラメータを編集できます。変更内容を保持したい場合は、カスタムプリセットとして保存できます。

  1. 「オーディオ」インスペクタの「エフェクト」セクションで目的のエフェクトを見つけます。

  2. 「プリセット」ポップアップメニューをクリックして、プリセットを選択します。

    「オーディオ」インスペクタの「エフェクト」セクションの「プリセット」ポップアップメニューのオプション
  3. エフェクトのパラメータを表示するには、以下のいずれかの操作を行います:

    • エフェクト名の右側にある「コントロール」ボタンをクリックして、詳細コントロールのある大きいウインドウを表示します。

    • 「パラメータ」の開閉用三角ボタンをクリックして、「オーディオ」インスペクタのコントロールを表示します。

  4. エフェクトのパラメータを選択し、必要に応じて設定を調整します。「

    タイムラインスキマーを使用するかクリップを再生して、調整をプレビューできます。

    プリセットのパラメータを調整すると、そのプリセットが編集済みであることが「プリセット」ポップアップメニューに示されます。

    「オーディオ」インスペクタの「エフェクト」セクション。編集済みのエフェクトプリセットが表示されている
  5. 編集したプリセットを保存するには、「プリセット」ポップアップメニューをクリックし、「プリセットを保存」を選択して、新しいプリセットの名前を入力します。

    「オーディオ」インスペクタの「エフェクト」セクション。「プリセット」ポップアップメニューの「プリセットを保存」オプションが表示されている

    保存したプリセットは、「プリセット」ポップアップメニューに表示されます。

    「オーディオ」インスペクタの「エフェクト」セクション。「プリセット」ポップアップメニューに保存済みのプリセットが表示されている

エフェクトをデフォルト設定に戻すには、「プリセット」ポップアップメニューをクリックして「デフォルト」を選択します。

カスタムプリセットを削除する

  1. 「オーディオ」インスペクタの「エフェクト」セクションで目的のエフェクトを見つけます。

  2. 「プリセット」ポップアップメニューをクリックして、「Finder にユーザプリセットを表示」を選択します。

    「オーディオ」インスペクタの「エフェクト」セクション。「プリセット」ポップアップメニューの「Finder にユーザプリセットを表示」オプションが表示されている
  3. Finder ウインドウで、削除したいプリセットを選択してゴミ箱にドラッグします。

    カスタムプリセットが削除されると、そのプリセットは「プリセット」ポップアップメニューに表示されなくなります。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?