Final Cut Pro X: オーディオ編集の概要

オーディオ編集の概要

「Final Cut Pro」には、オーディオクリップまたは複数のオーディオチャンネルを編集するためのツールがあります。オーディオは、以下の 2 通りの方法で編集できます。

タイムラインでクリップの音量レベルが調整されている

クリップレベルのオーディオ編集

クリップ 全体でオーディオを調整および編集できます。このレベルでは、オーディオ調整とオーディオエフェクトが、クリップ内のすべてのオーディオチャンネルを含むクリップ全体に適用されます。オーディオチャンネルに個別に調整を行った場合、それらは維持されます。たとえば、あるチャンネルの音量を下げて、クリップ全体の音量を上げた場合、そのチャンネルの音量は上がりますが、クリップ内のほかのチャンネルとの音量差は保たれます。

ソースメディアに含まれるオーディオチャンネルが 1 つか 2 つのみの場合、またはオーディオのみのクリップを編集する場合は、このレベルでの調整と編集だけで十分な可能性があります。

マルチチャンネルオーディオの詳細編集

「Final Cut Pro」では、クリップでのチャンネルの構成方法に応じて、チャンネルが自動的にオーディオコンポーネントにグループ化されます。クリップのオーディオ部分を展開して、個々のチャンネルのレベルでオーディオコンポーネントを表示および編集できます。各コンポーネントに異なるエフェクトを適用したり、特定のマイク入力の音をすばやくカットするなど、微調整作業を効率化したりできます。

重要:AAC や MP3 など、多くのデジタル・オーディオ・ファイル形式では、インターリーブ・ステレオ・ファイルが使用されます。このファイルでは、左右のチャンネルが分けられません。これらのファイルは、クリップのチャンネル構成を変更しない限り、単一のオーディオコンポーネントとして表示されます。

「Final Cut Pro」でオーディオコンポーネントを編集するときは、以下の点に注意してください:

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?