Final Cut Pro X: オーディオ波形をオーディオ・サンプル・レベルで表示する

オーディオ波形をオーディオ・サンプル・レベルで表示する

細かい編集を行いたい場合は、オーディオクリップをオーディオ・サンプル・レベルまで拡大できます。オーディオサンプルは、オーディオ波形を 1 秒の何分の 1 かで表示します(たとえば、サンプルレート 48kHz で録音されたオーディオの場合、1/48,000)。

オーディオサンプルに合わせて拡大/縮小する

  1. 「サンプルに合わせて拡大/縮小」機能が有効になっていない場合は、「表示」>「サンプルに合わせて拡大/縮小」をクリックして(または Control + Z キーを押して)、メニュー項目の横にチェックマークを付けます。

    注記:「サンプルに合わせて拡大/縮小」機能はデフォルトで有効になっています。

  2. タイムライン内でクリップの上に再生ヘッドを移動します。

  3. ビデオフレームの境界を示すグレイのオーバーレイが表示されるまでクリップを拡大します。

    タイムライン内のクリップが、ビデオフレームの境界内にオーディオ波形を表示するために拡大されている

    拡大を続けると、波形をさらに詳細に表示できます。

    サンプルレベルに合わせて拡大されたオーディオ波形
  4. クリップを編集するか、キーフレームを使ってオーディオエフェクトを調整します

    注記:サンプルの解像度で正確に編集(「ブレード」ツールでのカットトリミングなど)できるのは、接続されたオーディオクリップ(つまり基本ストーリーライン内にないオーディオクリップ)のみ、またはオーディオのみが含まれている複合クリップのみです。

オーディオサンプルの拡大/縮小をオフにするには、「表示」>「サンプルに合わせて拡大/縮小」と選択します(または Control + Z キーを押します)。

サブフレーム単位で移動する

サブフレーム(継続時間はビデオフレームの 1/80)単位で移動できます。

  1. タイムラインまたはブラウザで、クリップの上に再生ヘッドまたはスキマーを置きます。

  2. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 逆方向に 1 サブフレームずつ移動する:Command +左向き矢印キーを押します。

    • 正方向に 1 サブフレームずつ移動する:Command +右向き矢印キーを押します。

ヒント:参照用に、ビデオを操作する場合は、ビューアの下のタイムコード表示にサブフレームを表示できます。「Final Cut Pro」環境設定の「一般」パネルで、「時間表示」ポップアップメニューをクリックしてサブフレームのオプションを選択します。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?