Final Cut Pro X: オーディオクリップの表示方法

オーディオクリップの表示方法

タイムラインオーディオ波形を操作するときは、表示を拡大/縮小したり、クリップの表示を変更したりして、波形の高さを調整できます。

「Final Cut Pro」でクリップ内のオーディオとビデオを表示および操作する方法はほかにもあります。以下のことができます:

オーディオコンポーネントを展開表示する

「Final Cut Pro」では、クリップのオーディオ部分を展開して、オーディオコンポーネントを表示および編集できます。

以下のいずれかを実行します:

  • タイムラインでクリップを選択し、「クリップ」>「オーディオコンポーネントを展開」と選択します(または Control + Option + S キーを押します)。

  • Option キーを押したまま、タイムラインでクリップのオーディオ部分をダブルクリックします。

    タイムライン内のクリップ。オーディオコンポーネントが展開される前後

注記:1 つまたは複数のロールが割り当てられているすべてのクリップのオーディオコンポーネントを表示することもできます。詳しくは、オーディオレーンを使ってタイムラインを整理するを参照してください。

オーディオコンポーネントをしまう

以下のいずれかを実行します:

  • タイムラインでクリップまたはクリップのいずれかのオーディオコンポーネントを選択し、「クリップ」>「オーディオコンポーネントをしまう」と選択します(または Control + Option + S キーを押します)。

  • Option キーを押したまま、タイムラインでいずれかのオーディオコンポーネントをダブルクリックします。

オーディオとビデオを展開表示する

1 つのクリップにオーディオとビデオの両方が含まれている場合は、タイムラインでクリップを展開してオーディオとビデオを別々に表示できます。この機能は、オーディオ部分を拡大して編集を行いたいとき、またはスプリット編集を作成したいときに便利です。

オーディオ部分が重なるように スプリット編集 を作成した場合、スプリット編集されたクリップのオーディオを展開表示すると、重なった波形を分けて見ることができます。スプリット編集されたクリップおよびスプリット編集について詳しくは、分割編集を作成するを参照してください。

  • 1 つのクリップを展開する:クリップのオーディオ波形をダブルクリックします。

  • タイムラインで選択したクリップを展開する:「クリップ」>「オーディオを展開」と選択します(または Control + S キーを押します)。

オーディオを展開表示しても、クリップのオーディオとビデオは互いに関連付けられたままになります。接続されたオーディオクリップとして独立させるには、オーディオを切り離します。また、詳細編集を使って、クリップのビデオとオーディオを切り離して表示することもできます。

タイムライン内のクリップ。オーディオコンポーネントが展開される前後

注記:オーディオロールを別のレーンに表示して、展開されたオーディオを表示することもできます。詳しくは、オーディオレーンを使ってタイムラインを整理するを参照してください。

オーディオとビデオをまとめて表示するには

1 つまたは複数のクリップの展開されたオーディオ/ビデオの表示をしまうことができます。

  • 1 つのクリップをしまう:クリップのオーディオ波形をダブルクリックします。

  • タイムラインで選択したクリップをしまう:「クリップ」>「オーディオをしまう」と選択します(または Control + S キーを押します)。

ビデオからオーディオを切り離すには

「Final Cut Pro」ではデフォルトで、同じソースに含まれるオーディオとビデオが 1 つのクリップに読み込まれます。ビデオクリップからオーディオを簡単に切り離して、タイムラインでオーディオクリップを個別に編集できます。

  • タイムラインでクリップを選択し、「クリップ」>「オーディオを切り離す」と選択します。

ビデオクリップの下に新しいオーディオクリップが、接続されたクリップとして表示されます。

タイムライン内のクリップ。オーディオ部分は切り離されているが、まだビデオ部分に接続されている

オーディオクリップを元のビデオクリップに再度関連付けるには、複合クリップを作成する必要があります。

参照波形を表示する/隠す

参照波形では、実際の オーディオ波形 での最大限の表示解像度で示されます。ラウドネスの変更が無視されるため、サウンドの詳細がより明確になります。

  1. 「Final Cut Pro」>「環境設定」と選択して、「編集」をクリックします。

  2. 「参照波形を表示」チェックボックスを選択します。

    タイムライン内のクリップ。参照波形が表示されている

実際の波形が変わって、たとえばクリップの音量レベルを下げたために波形がほとんど見えなくなったとしても、フル解像度の参照波形は明確に見えるので、編集時に参照できます。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?