Final Cut Pro X: マーカーの概要

マーカーの概要

マーカーは、特定のフレームを識別したり注釈を付けたりするためにクリップ内に配置できる参照ポイントです。

マーカーを使って以下の操作ができます:

  • 複数のクリップを特定のポイントで同期する。たとえば、マーカーを使ってドアが閉まるフレームにラベルを付けて、後でそのマーカーにサウンドエフェクトをスナップすることができます。

  • クリップ内の特定の位置に印を付け、編集メモやその他説明的な情報を添える。

  • プロジェクト内の特定の位置にチャプタマーカーを追加して、ムービーの書き出しや DVD ディスクまたは Blu-ray ディスクの作成後、ビューアでムービー内のマーカー位置にすばやく移動できるようにする。

  • プロジェクト内の To Do 項目を管理する。

マーカーの種類には、標準マーカー(青)、チャプタマーカー(オレンジ)、To Do 項目(赤)、および完了した To Do 項目(緑)があります。

タイムラインのクリップに付けられたマーカー

マーカーは、ブラウザ内のクリップとタイムライン内のクリップで同じように使用します。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?