Final Cut Pro X: タイムコードを使って移動する

タイムコードを使って移動する

タイムコードは、ビデオと一緒に記録される、各ビデオフレームを一意に識別する信号です。「ブラウザからクリップを再生すると、そのタイムコード信号が、次のような形式でビューアの下のタイムコード表示に表示されます:

時、分、秒、およびフレームのタイムコードフィールド

タイムコードは、タイムラインの再生、ビデオおよびオーディオクリップの項目の同期、クリップの追加、トリミング、移動など、「Final Cut Pro」のさまざまな機能に対応しています。さらに、タイムコードを使ってタイムラインのプロジェクト内を移動したり、クリップの継続時間、選択範囲、プロジェクトを表示したりできます。

再生ヘッドをタイムライン内の新しい位置に移動するには、以下のいずれかの操作を行います:

  • 再生ヘッドをタイムライン内の新しい位置に移動する:ビューアの下にあるタイムコード表示の中心を 1 回クリックし(または Control + P キーを押し)、新しいタイムコード値を入力して、Return キーを押します。

    たとえば、再生ヘッドを 01:40:31:03 に移動するには、Control + P キーを押し、「1403103」と入力して、Return キーを押します。

    タイムコード表示。再生ヘッドの移動先のタイムコード値を表示
  • タイムコードの継続時間分だけ再生ヘッドを移動する:クリップが選択されていないことを確認してから、プラス記号(+)キーまたはマイナス記号(-)キーを押し、再生ヘッドを移動したいフレーム数、秒数、または分数を入力して、Return キーを押します。

    たとえば、「+1612」と入力して Return キーを押すと、再生ヘッドは正方向に 16 秒と 12 フレーム移動します。

    タイムコード表示。プラス記号と、再生ヘッドを正方向に移動する秒数とフレーム数を表示

新しいタイムコード値を入力すると、その値がタイムコード表示に表示されます。Return キーを押すと、再生ヘッドがタイムライン内の新しい位置に移動します。

タイムコード値を入力する際のいくつかのヒントを次に示します:

  • 区切り文字(コロン)を入力する必要はありません。2 桁ごとに自動的に挿入されます。たとえば、「01221419」と入力した場合、タイムコード値は 01:22:14:19(1 時間 22 分 14 秒 19 フレーム)と解釈されます。

  • 左端のフィールドが 0 の場合、0 を入力する必要はありません。たとえば、「1419」と入力した場合、タイムコード値は 00:00:14:19 と解釈されます。「253407」と入力した場合、タイムコード値は 00:25:34:07 と解釈されます。

  • 右端のフィールドが 0 の場合は、代わりにピリオドを使用できます。たとえば、タイムコード 00:00:03:00 に移動するときは、「3.」(3 とピリオド 1 つ)と入力します。03:00:00:00 に移動するときは、「3...」(3 とピリオド 3 つ)と入力します。ピリオドの代わりにカンマ、コロン、またはセミコロンを使用することもできます。

  • タイムコードはコピー&ペーストできます(テキスト書類からコピー&ペーストしてタイムライン内の移動や数値入力を効率化したり、タイムコードをメモにコピー&ペーストしたりできます)。再生ヘッド位置からタイムコードをコピーするには、「編集」>「タイムコードをコピー」と選択します。タイムコード表示にタイムコードをペーストするには、ビューアの下にあるタイムコード表示の中心を 1 回クリックして(または Control + P キーを押して)から、Control + V キーを押します。

タイムコード表示は、タイムコード、タイムコードとサブフレーム、フレームのみ、または秒のみを表示するように変更できます。詳しくは、「編集」環境設定を参照してください。

ヒント:タイムラインでクリップをスキミングすると、ソースのタイムコードを表示できます。詳しくは、「タイムライン」のクリップにソースのタイムコードを表示するを参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?