Final Cut Pro X: 詳細なトリミングフィードバックを表示する

詳細なトリミングフィードバックを表示する

隣接するクリップまたは接続されたクリップに関する編集についてのより正確で視覚的なフィードバックを得るため、ビューアで「ツーアップ」表示で確認できます。たとえば、単純なリップル編集の場合、このツーアップ表示に、左側のクリップの終了点と右側のクリップの開始点が表示されます。

ツーアップ表示に設定されたビューア

この表示は、リップル編集、ロール編集スリップ編集、およびスライド編集と、詳細編集でのトリミングに使用できます。

  1. 「Final Cut Pro」>「環境設定」と選択します(または、Command キーを押したままカンマ(,)キーを押します)。

  2. 「編集」をクリックします。

  3. 「タイムライン」セクションで、「詳細なトリミングフィードバックを表示」チェックボックスを選択します。

    ツーアップ表示は、サポートされている編集タイプを使っているときは常にビューアに表示され、詳細編集でトリミングしているときも表示されます。

    ヒント:Option キーを使って、詳細なトリミングフィードバックの表示をすぐに変更できます。詳細なトリミングフィードバックが有効になっている場合は、Option キーを押すと無効になります。詳細なトリミングフィードバックが無効になっている場合は、Option キーを押すと、左側のクリップの終了点から右側のクリップの開始点までの表示が切り替わります。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?