Final Cut Pro X: 「トリム」ツールを使ってロール編集を行う

「トリム」ツールを使ってロール編集を行う

ロール編集は、隣接する 2 つのクリップの開始点と終了点を同時に調整します。タイムラインに 2 つのクリップを配置したい場合に、カット点の時間を変更したいときは、「トリム」ツールを使って 2 つのクリップの間にある編集点をロールできます。結果としてタイムライン内のクリップは移動せず、2 つのクリップ間の編集点だけが移動します。プロジェクト内のほかのクリップは影響を受けません。

ロール編集を行うと、プロジェクト全体の継続時間は変わりませんが、両方のクリップの継続時間が変わります。一方のクリップは長くなり、もう一方のクリップはそれを補うために短くなります。

ロール編集前と後の、2 つのクリップ間の編集点

上の例では、クリップ B が短くなる一方でクリップ C が長くなっていますが、2 つのクリップを合わせた継続時間は同じままです。

タイムラインで編集点をトリムするときは、ビューアで「ツーアップ」表示で確認できます。この表示では、編集点の両側の詳細表示が表示されます。詳しくは、詳細なトリミングフィードバックを表示するを参照してください。

  1. タイムラインの左上隅にある「ツール」ポップアップメニューをクリックし、「トリム」を選択します(または T キーを押します)。

    「ツール」ポップアップメニューの「トリム」ツール

    ポインタが「トリム」ツール に変わります。

    ヒント:一時的に「トリム」ツールに切り替えるには、T キーを押したままにします。T キーを放すと、ツールは直前にアクティブだったツールに戻ります。

  2. タイムラインで、編集点の両端が選択されるように、ロールしたい編集点の中心をクリックします。

    編集点の両側がタイムライン内で選択されている
  3. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 編集点を左または右にドラッグします。

    • プラス記号(+)キーまたはマイナス記号(-)キーに続けて、現在の編集から加算または減算するタイムコードの継続時間を入力し、Return キーを押します。

      ビューアの下のタイムコード表示に、トリム分の継続時間が表示されます。

      タイムコード値の入力について詳しくは、タイムコードを使って移動するを参照してください。

    • 再生ヘッドまたはスキマーを、タイムライン内の編集点を移動したい位置に配置し、「トリム」>「編集を拡張」と選択します(または Shift + X キーを押します)。

    編集点が新しい位置にロールします。2 つのクリップを合わせた継続時間は変わりません。

    新しい位置に移動した編集点

    編集点をそれ以上ロールできず、編集点の一端が赤く表示される場合は、2 つのクリップのいずれかのメディアの末尾に達しています。

    使用できるメディアの末尾を示す赤い編集点
公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?