Final Cut Pro X: トリミングの概要

トリミングの概要

クリップタイムラインで時系列順におおまかに整理した後、隣接する各クリップの間にあるカット点(または編集点)の微調整を始めます。プロジェクト内でクリップの長さを変更すると、クリップをトリムしたことになります。ただし一般的には、トリムは 1 フレームから数秒間の詳細な調整を指します。クリップの継続時間を大幅に調整する場合もトリムと呼びますが、このような場合は編集の微調整段階ではないこともあります。「

「Final Cut Pro」では、タイムラインのクリップや編集点をトリムする方法として、リップル編集ロール編集スリップ編集スライド編集など、さまざまな技法を利用できます。

「Final Cut Pro」では、トリムを含め、クリップをどのように編集しても、元のメディアには決して影響しません。クリップの一部をトリミングまたは削除すると、その部分はプロジェクトから削除されるだけで、ライブラリのソースクリップおよび Mac またはストレージデバイス上のソース・メディア・ファイルからは削除されません。

ヒント:タイムラインで編集点をトリムするときは、ビューアで「ツーアップ」表示で確認できます。詳しくは、詳細なトリミングフィードバックを表示するを参照してください。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?