Final Cut Pro X: プロジェクトからクリップを削除する

プロジェクトからクリップを削除する

タイムラインでプロジェクトからクリップを削除しても、ブラウザや Finder からのソースメディアには影響しません。

タイムラインからクリップまたは範囲を削除する

  1. タイムラインで、削除したいクリップまたは範囲を選択します。

  2. 「編集」>「削除」と選択します(または Delete キーを押します)。

選択したクリップまたはクリップの一部がタイムラインから削除され、選択範囲の右にあるクリップは、生成されるギャップを埋めるためにリップルします。

削除をすぐに取り消すには、「編集」>「取り消す」と選択します(または Command + Z キーを押します)。

注記:通常、タイムラインのクリップ全体を選択したり(たとえば C キーを使って)、クリップ全体で構成される範囲を選択して(たとえば X キーを使って)、それを削除すると、接続されたクリップやストーリーラインも削除されます。ただし、アットマーク(@)キーを押したまま Delete キーを押すと、接続されたクリップに影響を与えずにクリップを削除できます。詳しくは、接続されたクリップに影響を与えずに基本ストーリーラインのクリップを移動する/トリムする/削除するを参照してください。また、接続されたクリップやストーリーラインが含まれているクリップの部分的な範囲を削除した場合、接続された項目は削除されず、代わりに最も近い基本ストーリーラインのクリップにシフトします。

プロジェクトの合計時間とタイミングに影響を与えずにクリップや範囲を削除する

タイムラインからクリップを削除するときに、プロジェクトの合計時間とタイミングはそのままにしたい場合は、クリップをギャップクリップと置き換えることができます。この場合、リップル編集はできません。

  1. 削除したいクリップや範囲を選択します。

    タイムライン内の選択範囲
  2. 「編集」>「ギャップに置き換え」と選択します(または Shift + Delete キーを押します)。

    タイムライン内の選択項目がギャップクリップと置き換えられます。

    タイムラインのギャップクリップ

注記:この方法では、接続されたクリップが保持されます。クリップをギャップクリップと置き換えると、接続されたクリップが生成されるギャップクリップに結合されます。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?