Final Cut Pro X: プロジェクト内のクリップを別のクリップに置き換える

プロジェクト内のクリップを別のクリップに置き換える

プロジェクト内のクリップを、ブラウザまたは Finder からのクリップに置き換えることができます。上書き編集とは対照的に、置き換え編集はタイムラインのクリップ全体のみに行われ、プロジェクトの継続時間が変わることがあります。

別のクリップによって置き換えられているクリップ

置き換えのオプションには、ソースクリップの先頭や末尾の使用と、タイムラインのクリップの継続時間に合わせたソースクリップのリタイミング、およびオーディションの自動的な作成または追加が含まれます。

ドラッグしてタイムライン内のクリップを 1 つまたは複数のクリップと置き換える

  1. ソース選択を行うには、以下のいずれかの操作を行います:

    • ブラウザで、クリップまたは範囲を選択します。

    • Finder でメディアファイルを選択します。

  2. タイムライン内の置き換えたいクリップの上にソースの選択範囲をドラッグします。

    タイムライン内のターゲットクリップが、白いアウトラインで強調表示されます。

    別のクリップに置き換えられているタイムライン内のクリップの周りに、白い枠線が表示されている
  3. マウスまたはトラックパッドボタンを放して、ショートカットメニューからオプションを選択します:

    タイムラインのショートカットメニューの「置き換える」オプション
    • 置き換える:ターゲットクリップはソースクリップの選択範囲と置き換えられます。継続時間はソースクリップの選択範囲の継続時間によって決まります。ソースクリップの選択範囲とターゲットクリップの継続時間が異なる場合、以降のクリップはリップルします。

    • 始点から置き換える:ターゲットクリップは、ソースの選択範囲の先頭から、ソースクリップの選択範囲と置き換えられます。継続時間はターゲットクリップの継続時間によって決まります。

    • 終点から置き換える:ターゲットクリップは、ソースの選択範囲の最後から、ソースクリップの選択範囲と置き換えられます。継続時間はターゲットクリップの継続時間によって決まります。

    • リタイミングで合わせて置き換える:ターゲットクリップは、ターゲットクリップの継続時間に合わせてリタイミングされ、ソースクリップの選択範囲全体と置き換えられます。

    • 置き換えてオーディションに追加:このオーディションでは、ソースクリップの選択範囲がピック、ターゲットクリップが代替になります。継続時間はソースクリップの選択範囲によって決まります。ソースクリップとターゲットクリップの継続時間が異なる場合、以降のクリップはリップルします。

    • オーディションに追加:このオーディションでは、ターゲットクリップがピック、ソースクリップの選択範囲が代替になります。

    • キャンセル:置き換え編集はキャンセルされます。

ソースクリップの選択範囲が、元のクリップに代わってタイムラインに表示されます。

元のクリップが置き換えられた後、タイムラインに表示されているソースクリップの選択範囲

注記:「始点から置き換える」と「終点から置き換える」では、ソースクリップの選択範囲の継続時間がターゲットクリップの継続時間より短く、メディアに十分な予備の領域がある場合は、ターゲットクリップの継続時間に合わせてソースの選択範囲の継続時間が延長されます。生成されるストーリーラインの継続時間は変わりません。

キーボードショートカットを使ってタイムラインのクリップを置き換える

  1. ブラウザで、ソースクリップまたは範囲を選択します。

  2. タイムラインで、置き換えたいクリップを選択します。

    注記:タイムラインでの選択は、範囲選択ではなく、クリップ全体の選択である必要があります。

  3. 以下のいずれかの操作を行います:

    • 標準の置き換え編集を行う:Shift + R キーを押します。

      ターゲットクリップはソースクリップの選択範囲と置き換えられます。継続時間はソースクリップの選択範囲の継続時間によって決まります。ソースクリップの選択範囲とターゲットクリップの継続時間が異なる場合、以降のクリップはリップルします。

    • 「始点から置き換える」編集を行う:Option + R キーを押します。

      ターゲットクリップは、ソースクリップの先頭から、ソースクリップと置き換えられます。継続時間はターゲットクリップの継続時間によって決まります。

      注記:「始点から置き換える」では、ソースクリップの選択範囲の継続時間がターゲットクリップの継続時間より短く、メディアに十分な予備の領域がある場合は、ターゲットクリップの継続時間に合わせてソースの選択範囲の継続時間が延長されます。生成されるストーリーラインの継続時間は変わりません。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?