Final Cut Pro X: クリップを接続してカットアウェイショット、タイトル、同期されたサウンドエフェクトを追加する

クリップを接続してカットアウェイショット、タイトル、同期されたサウンドエフェクトを追加する

クリップタイムライン内のほかのクリップに接続することができます。接続されたクリップは、明示的に移動または削除しない限り、常に結び付けられて同期されます。

接続されたクリップとして別のクリップに結び付けられているクリップ

接続されたクリップは次のように使用します:

  • カットアウェイショット:カットアウェイショットは、タイムラインのビデオクリップに接続することによって追加します。

  • スーパーインポーズタイトル:タイトルや下三分の一をビデオクリップや範囲に追加します。

  • スポットのサウンドエフェクトとバックグラウンドミュージック:オーディオクリップを基本ストーリーライン内のクリップと同期します。クリップは、基本ストーリーラインクリップを移動した場合でも、同期状態を保ちます。

「接続」メニューコマンド、キーボードショートカット、またはタイムラインの上にあるボタンを使ってクリップを接続すると、ビデオクリップは基本ストーリーラインの上に接続され、オーディオクリップは基本ストーリーラインの下に接続されます。

タイムライン内の接続されたビデオクリップとオーディオクリップ

注記:3 ポイント編集を使用して接続編集を行うこともできます。詳しくは、3 ポイント編集の概要を参照してください。

タイムラインのクリップを接続する

  1. プロジェクトが空の場合は、タイムライン内の濃いグレイの基本ストーリーライン領域にクリップを追加して、初期シーケンスを作成します。

    基本ストーリーライン内のクリップは、クリップを接続(結合)してプロジェクトの構築を進めるための土台として機能します。接続編集はほかの編集タイプとは少し異なり、クリップを基本ストーリーラインに追加することはありません。空のタイムラインで接続編集を行うと、最初に基本ストーリーラインにギャップクリップが追加され、接続された新しいクリップがそのギャップクリップに結合されます。

  2. ブラウザで、1 つ以上のクリップや範囲を選択します。

  3. 選択したソースクリップを接続したい位置を指定するには、以下のいずれかの操作を行います:

    • 基本ストーリーライン内のクリップのフレームの上に再生ヘッドを移動します。

      基本ストーリーライン内のクリップ上に置かれている再生ヘッド
    • 基本ストーリーラインで範囲を選択します。

  4. 選択したクリップを基本ストーリーライン内のクリップに接続するには、以下のいずれかの操作を行います:

    • 「編集」>「基本ストーリーラインに接続」と選択します(または Q キーを押します)。

      注記:キーボードショートカットを使用するときに、タイムラインにスキマーが表示されている場合、クリップはスキマーの位置で接続されます。

    • タイムラインの左上隅にある「接続」ボタンをクリックします。

      タイムラインの上にある「接続」ボタン
    • 基本ストーリーラインの上下の灰色の領域にクリップをドラッグします。

    ソースの選択範囲の最初のフレームが、再生ヘッドまたはスキマーの位置にある基本ストーリーライン内のクリップに接続されます。選択範囲をタイムラインにドラッグすると、ソースの選択範囲の最初のフレームが、マウスまたはトラックパッドボタンを放した位置にある基本ストーリーラインに接続されます。

    タイムライン内の接続されたクリップ

基本ストーリーライン内のクリップの並べ替え、移動、リップル、または削除を行うと、そのクリップに接続されたクリップは基本ストーリーラインクリップと一緒に移動または削除されます。

接続先のクリップと一緒に移動している接続されたクリップ

ドラッグによってクリップを接続する場合は、ビデオクリップを基本ストーリーラインの上に配置するか、下に配置するかを選択できます。

ストーリーラインの下に配置された、接続されたビデオクリップ

注記:「Final Cut Pro」では、クリップを接続すると、最上位のビデオクリップがその下にあるビデオクリップをブロックします。このルールの例外は、何らかの透明度、キーイング、または合成が設定されているクリップです。詳しくは、合成の概要を参照してください。オーディオクリップは、タイムラインでビデオクリップの上に配置されていても、ビデオ出力に影響することはありません。

接続されたクリップの接続ポイントを調整する

接続されたクリップとストーリーラインは、デフォルトではその最初のフレームで基本ストーリーラインに接続されますが、接続ポイントを移動することができます。これは、接続されたクリップ内の特定のフレームやオーディオサンプルを、基本ストーリーライン内の特定のフレームやオーディオサンプルに接続したい場合に便利です。

  • Command キーと Option キーを押したまま、接続ポイントを配置したい位置で接続されたクリップ(またはストーリーラインの灰色の枠線)をクリックします。

    接続ポイントは、クリックしたポイントに移動します。

    クリックされた位置に移動している接続されたクリップの接続ポイント

接続されたクリップに影響を与えずに基本ストーリーラインのクリップを移動する/トリムする/削除する

基本ストーリーラインのクリップを移動またはトリムする必要があるときに、接続されたクリップを今ある場所に保持したい場合は、アットマーク(@)キーを押したまま編集して、接続されたクリップのタイミングと位置を保持することができます。

  • 接続されたクリップに影響を与えずにクリップを移動する:アットマーク(@)キーを押したまま、タイムラインで「選択」ツールまたは「位置」ツールを使用して、クリップを別の位置にドラッグします。

    アットマーク(@)キーを押したまま、タイムラインでドラッグされているクリップ
    タイムライン内の新しい位置にドラッグされているクリップ。それまで接続されていたクリップは元の位置に残っています
  • 接続されたクリップに影響を与えずにクリップをトリムする:アットマーク(@)キーを押したまま、リップル編集ロール編集スリップ編集スライド編集など、任意の方法でクリップをトリムします。

  • 接続されたクリップに影響を与えずにクリップを削除する:アットマーク(@)キーを押したまま、クリップを選択して Delete キーを押します(または Option + Command + Delete キーを押します)。

    アットマーク(@)キーを押したままにせずに、接続されたクリップと基本ストーリーラインが含まれているクリップや範囲を削除すると、特殊なルールが適用されます。接続されたクリップのあるクリップまたは範囲を削除する方法について詳しくは、プロジェクトからクリップを削除するを参照してください。

  • 接続されたクリップに影響を与えずにオーディション内の代替クリップに切り替える:アットマーク(@)キーを押したまま、「オーディション」ウインドウでピックを選択します。

    詳しくは、オーディションを使ってプロジェクト内のクリップの編集を試すを参照してください。

どの場合でも、接続されたクリップはまったく同じ位置に残り、タイミングも保持されます。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?