Final Cut Pro X: クリップを「タイムライン」にドラッグする

クリップを「タイムライン」にドラッグする

クリップは、ブラウザまたは Finder からドラッグしてタイムラインに追加できます。

ブラウザからクリップをドラッグする

「ライブラリ」サイドバー、「写真とオーディオ」サイドバー、または「タイトルとジェネレータ」サイドバーで項目を選択すると、ブラウザにメディアを表示できます。

  1. タイムラインでプロジェクトを開きます

  2. 追加したいメディアのタイプのサイドバーを開くには、以下のいずれかの操作を行います:

    • Final Cut Pro ウインドウの左上隅にあるボタンのいずれかをクリックします。

      Final Cut Pro ウインドウの左上隅にある、サイドバーパネルを開くための 3 つのボタン
    • 「ウインドウ」>「移動」>「ライブラリ」と選択します(または Command + 1 キーを押します)。

    • 「ウインドウ」>「移動」>「写真とオーディオ」と選択します(または Shift + Command + 1 キーを押します)。

    • 「ウインドウ」>「移動」>「タイトルとジェネレータ」と選択します(または Option + Command + 1 キーを押します)。

  3. 開いたサイドバーで、プロジェクトに追加したいメディアが含まれている項目を選択します。

    選択した項目の内容がブラウザに表示されます。

  4. ブラウザからタイムラインに 1 つまたは複数のクリップをドラッグします。

ヒント:クリップは 1 つずつプロジェクトに追加できますが、一度に複数のクリップを追加し、それらを後でタイムラインで並べ替える方が簡単なこともあります。

Finder からファイルをドラッグする

  1. タイムラインで適切なプロジェクトが開いていることを確認します。

  2. 「Final Cut Pro」のメインウインドウと Finder のファイルを両方とも表示できるように、画面上にウインドウを並べます。

  3. ファイルを Finder からタイムラインにドラッグします。

操作の結果は、クリップをタイムライン内のどこにドラッグするかによって、追加挿入接続、または置き換え編集になります。周囲のクリップが自動的に調整され、ドラッグしたクリップの周囲に適切に配置されます。

注記:Finder、「ライブラリ」サイドバーや「写真とオーディオ」サイドバーにあるクリップをタイムラインに追加する場合、実際には現在のプロジェクトが含まれているイベントにメディアを読み込みます。この場合は、「Final Cut Pro」は、新しいクリップにデフォルトの最適化と解析の設定を適用します。これらの設定は、「Final Cut Pro」環境設定の「読み込み」パネルで変更できます。

タイムラインに静止画像を追加する場合、デフォルトの継続時間は 4 秒になります。この継続時間は、「Final Cut Pro」環境設定の「編集」パネルで変更できます。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?