Final Cut Pro X: 1 つ以上のクリップを選択する

1 つ以上のクリップを選択する

クリップは、ビデオ、オーディオ、グラフィックスのファイルを表します。クリップを使えば、ファイル自体を変更せずに、「Final Cut Pro」でメディアを操作できます。プロジェクトにクリップを追加したり、クリップを並べ替えたりトリミングしたりするには、最初にそのクリップを選択する必要があります。一度に 1 つのクリップを選択することも、複数のクリップを選択することもできます。

タイムラインで選択されているクリップ。黄色の枠線が表示されている

複数のクリップを選択すると、プロジェクト内またはイベント間でクリップをまとめて移動できます。これは、クリップを調整したときに、クリップ間でエフェクトとパラメータをコピーしたい場合にも便利です。

クリップ全体を選択する

以下のいずれかの操作を行います:

  • クリップを 1 回クリックします。

  • クリップの上にスキマー(または再生ヘッド)を移動し、X キーを押します。

    注記:範囲選択をクリップの境界に合わせる

  • ブラウザで、↑キーまたは↓キーを押して、選択部分を隣接するクリップに移動します。

  • ブラウザで、Option キーを押しながら、クリップの開始点から終了点までドラッグします。

  • タイムラインで、選択したいクリップの上にスキマー(スキミングがオフになっている場合は再生ヘッド)を移動し、C キーを押します。この方法では基本ストーリーライン内のクリップが選択されます。

    接続されたクリップ と ストーリーライン は基本ストーリーライン内のクリップに関連付けられて、基本ストーリーラインの上下に表示されます。このキーボードショートカットの方法で接続されたクリップやストーリーラインを選択するには、接続されたクリップの上にポインタを置き、C キーを押します。詳しくは、クリップを接続してカットアウェイショット、タイトル、同期されたサウンドエフェクトを追加するおよびストーリーラインを追加するを参照してください。

クリップの周りに、そのクリップが選択されていることを示す黄色の枠線が表示されます。

タイムラインで選択されているクリップ。黄色の枠線が表示されている

注記:タイムラインでのクリップの選択(上図)は、タイムラインでの範囲選択とは異なります。範囲選択では、選択の開始点と終了点を調整するための、見た目の異なる範囲ハンドルが表示されます。ブラウザの選択はすべて、実際には範囲選択です(調整可能な開始点と終了点があります)。詳しくは、範囲を選択するを参照してください。

ブラウザまたはタイムラインで複数のクリップを選択する

  • 複数の個別のクリップを選択する:Command キーを押したまま、選択したいクリップをクリックします。

    注記:Command キーを押したまま、ブラウザの既存の範囲が設定されたクリップをクリックすると、クリップ全体ではなく範囲が選択されます。

  • ブラウザまたはタイムラインですべてのクリップと範囲を選択する:ブラウザまたはタイムラインをクリックしてアクティブにし、「編集」>「すべてを選択」と選択します(または Command + A キーを押します)。

  • ドラッグによって複数のクリップを選択する:選択範囲の四角形を、選択したいタイムライン内のクリップまたはイベントのクリップにドラッグします。

    選択範囲の四角形。ブラウザで、選択するためにクリップにドラッグされている

ブラウザまたはタイムラインでクリップの選択を解除する

  • 1 つのクリップの選択を解除する:Command キーを押したままクリップをクリックするか、クリップの外側をクリックします(または別のクリップを選択します)。

  • 複数のクリップの選択を解除する:Command キーを押したまま、選択を解除したいクリップをクリックします。

  • すべてのクリップと範囲の選択を解除する:「編集」>「すべてを選択解除」と選択します(または Shift + Command + A キーを押します)。

  • すべてのクリップの選択を解除し、ブラウザで選択したすべての範囲を解除する:Option + X キーを押します。

公開日: 2018/05/09
役に立ちましたか?