iCloud: iCloud.comでメモを共有する

iCloud.comでメモを共有する

アップグレードされたメモを使用している場合は、iCloud.comのメモを使用して、閲覧と編集にユーザを招待できます。共有したメモには、そのメモへのリンクを知っているだけではアクセスできず、招待したユーザのみが閲覧および編集できます。メモに加えられた変更は、メモに追加したすべてのユーザに表示されます。

共有メモの閲覧と編集への招待を承諾した場合は、アクセス権のあるほかのユーザが加えた変更をすべて確認できます。

ほかのユーザをメモの編集に招待する

ほかのユーザとのメモの共有はiCloud.comのメモAppから行えます。ただし、iOSデバイスやMacでロックしたメモは共有できません。

注記:参加者の追加と削除はメモの所有者のみが行えます。ただし、参加者はいつでも自分を共有から削除できます。

  1. 共有するメモを作成または選択します。

  2. ツールバーの「参加者を追加」ボタンをクリックし、共有オプションを選択します。

    • メールを送信する:「共有」をクリックします。表示されるメールウインドウで、「宛先」フィールドにメールアドレスを追加して参加者を招待します。参加者はどのメールアドレスや電話番号でも招待できますが、参加者がメモを閲覧および編集するには、Apple IDを使用する必要があります。その他の編集をメールに追加し、「送信」をクリックします。

    • リンクをコピーする:「リンクをコピー」を選択すると、テキストボックスが表示されます。参加者のメールアドレスまたは電話番号を追加します。「共有」をクリックします。メモへのリンクが記載された新しいウインドウが表示されます。Facebook Messengerなどを使用してリンクを送信します。

メモリスト内の共有メモには、横に「共有済み」のアイコンが表示されます。そのメモを選択すると「参加者を表示」ボタンが強調表示され、チェックマークが表示されます。

共有メモを閲覧するには、メモリスト内でそのメモを選択し、「参加者を表示」ボタンをクリックします。参加者を追加するには、参加者リストの下にある「人を追加」ボタンをクリックします。

参加者リストと下にある「人を追加」ボタン

あるユーザに参加依頼を送信済みで、そのユーザがまだ承諾していない場合は、ユーザ名の下に「参加依頼済み」と表示されます。

共有メモを編集する

  1. 次のいずれかを実行します:

    • メモの所有者が自分である場合:メモリストで目的のメモを選択します。

    • 招待を受けて承諾した共有メモの場合:メモリストで目的のメモを選択します。

    • メモを編集するよう招待を受けたものの、承諾していない場合:受信したリンクをクリックし、「メモで開く」をクリックします。

      メモを初めて開くと、同じApple IDでサインインしているiCloud.com上のメモリスト、iOSデバイス、Macコンピュータに表示されます。

  2. メモを編集します。

    だれかが共有メモを編集すると、そのメモを共有しているすべてのユーザがその変更を確認できますが、だれがその編集を行ったかは表示されません。メモリストの中でメモの下に表示されるタイムスタンプに、最終更新日が示されます。共有メモを自分が現在編集中でない場合、ほかのだれかがそのメモを編集すると、メモリスト内でそのメモの横に黄色のドットが表示されます。

    お使いのiCloudのApple IDに関連付けられていないメールアドレスまたは電話番号で参加依頼を受け取った場合は、正しいメールアドレスまたは電話番号を使用して参加依頼を再送してもらうよう、所有者に依頼します。また、画面の指示に従って、そのメールアドレスまたは電話番号をApple IDに関連付けることもできます。

メモの共有を停止する

メモの共有を停止できるのは、メモの所有者だけです。

  • メモリストでメモを選択し、「参加者を表示」ボタンをクリックし、次のいずれかを実行します。

    • すべての参加者との共有を停止する:「共有を停止」をクリックします。

    • 1人の参加者との共有を停止する:その参加者の名前の横にある「さらに表示」ボタンをクリックし、「アクセス権を削除」を選択します。

共有メモを削除する

共有メモの所有者が自分である場合は、そのメモを削除すると共有しているすべてのユーザのデバイスからも削除されます。「最近削除した項目」フォルダから最近削除したメモを復元できます。

誰かに共有されたメモを削除した場合、自分のメモリストからは削除されるものの、所有者やほかの参加者のメモリストからは削除されません。

注記:誰かに共有されたメモを削除した場合、そのメモが自分の「最近削除した項目」フォルダに移動することはありません。所有者がメモの共有を停止した場合を除き、所有者から送信された元のリンクをクリックするとそのメモを再度編集できます。

  • メモリストでメモを選択して、ツールバーの「ゴミ箱」ボタン をクリックします。

共有の参加者は、メモの共有から自分を削除できます。「参加者を表示」ボタン をクリックし、自分の名前の横にある「さらに表示」ボタン をクリックして、次に「自分を削除」をクリックします。

公開日: 2018/12/28
役に立ちましたか?