iCloud: iCloudカレンダーで添付ファイルを追加、表示、削除する

iCloudカレンダーで添付ファイルを追加、表示、削除する

以下の種類のファイルをiCloud.comのカレンダーでイベントに添付できます:

  • Pages、Keynote、Numbersの書類

  • Microsoft Office文書(Office ’97以降)

  • リッチテキスト形式(RTF)ドキュメント

  • PDF

  • 画像ファイル

  • テキスト(.txt)ファイル

  • カンマ区切り形式(csv)ファイル

  • 圧縮(.zip)ファイル

添付ファイルを追加する

  1. イベントをダブルクリックして開きます(まだ開いていない場合)。

  2. 次のいずれかを実行します:

    • 「添付ファイル」の横にある「ファイルを追加」をクリックし、コンピュータでファイルを探して「選択」をクリックします。

    • ファイルをイベントにドラッグします。

      Internet Explorerを使用している場合は、Appleサポート記事「Windowsブラウザ用のiCloudのアドオン、拡張機能、およびプラグイン」を参照してください。

      さらに添付ファイルを追加するには、この手順を繰り返します。

  3. 「OK」をクリックします。

    添付ファイルがあることを示す、ペーパークリップのアイコン N/A がイベントに表示されます。

添付ファイルを表示する

  1. 添付ファイルを含むイベントをダブルクリックします。

  2. 添付ファイルの名前をクリックすると、ファイルが開きます。

    添付ファイルがブラウザウインドウで表示できないファイル形式である場合は、ドキュメントはコンピュータにダウンロードされます。

  3. イベントを閉じるには「OK」をクリックします。

添付ファイルを削除する

  1. 削除するファイルを含むイベントをダブルクリックします。

  2. 添付ファイル名の右の「削除」ボタン をクリックします。

  3. イベントを閉じるには「OK」をクリックします。

共有カレンダー上のイベントに添付されているファイルを削除すると、参加者もそのファイルにアクセスできなくなります。

Published Date: 2019/04/10
Helpful?