Mail (Mountain Lion): 「迷惑メール」環境設定

「迷惑メール」環境設定

「迷惑メール」環境設定では、迷惑メールフィルタを有効にしたり、受信した迷惑メールメッセージを管理したりするためのオプションを設定します。

オプション 説明

迷惑メールフィルタを有効にする

迷惑メールフィルタを有効にしたり無効にしたりします。

迷惑メールにして、“受信”トレイに残す

迷惑メールを色で強調表示して、「受信」トレイに残します。これらのメッセージには、それが迷惑メールかどうかを確認できるようにするバナーが含まれています。この設定は、「メール」が迷惑メールと見なすものを監視したい場合に便利です。

“迷惑メール”メールボックスに移動

「メール」が迷惑メールとして識別したメッセージを、受信したらすぐに「迷惑メール」メールボックスに移動します。この設定は、「メール」がメッセージを正しく迷惑メールとして識別していることを確信でき、迷惑メッセージを普通のメッセージと混在させたくない場合に便利です。

カスタムの操作を実行

迷惑メールの識別に役立つ条件や、迷惑メールメッセージの削除やリダイレクトなどの操作を追加して、迷惑メールフィルタを調整します。

迷惑メールフィルタの対象にしないメッセージのタイプ

迷惑メールフィルタの対象から除外したいメッセージを指定します。通信したことのある送信者、または受信者のフルネームを使用している送信者は知り合いなので、通常は、そのメッセージが迷惑メールであることは考えられません。

メッセージ内の迷惑メールヘッダを信頼

受信したメッセージ内にすでに存在する迷惑メール検出を使用します。既存の迷惑メール検出を使用して、迷惑メッセージをより正確に識別します。

ルールを適用する前に迷惑メールを選別

環境設定の「ルール」パネルを使って作成したルールを適用する前に、迷惑メールフィルタを実行するように指定します。このオプションにより、すべてのメッセージ(ルールによって移動するメッセージも含む)が迷惑メールフィルタによって評価されます。

リセット

迷惑メールを識別するデフォルトの条件を復元します。このオプションは、「メール」が期待通りに迷惑メッセージにフラグを付けて除外しなくなった場合、または普通のメッセージが直接受信されない場合以外は使用しないでください。迷惑メールフィルタをリセットすると、迷惑メールの設定に基づいて「メール」が学習したすべての事項が削除されます。

詳細

迷惑メールを識別する条件や操作を設定するパネルを表示します。このオプションは、カスタムの操作を実行することにした場合のみ使用できます。

Published Date: 2013/04/18
Helpful?
38% of people found this helpful.