OS X Mountain Lion: Mac のバックアップを作成する

This article has been archived and is no longer updated by Apple.
Mac のバックアップを作成する

「Time Machine」では、ディスク上のあらゆるもののコピーが保存され、変更されたファイルの「スナップショット」が保存されます。これによって、以前の状態のファイルを見ることができます。これらのスナップショットは、「Time Machine」を切にしない限り、1 時間おきに作成されます。スナップショットはコンピュータの内蔵ディスクに保存されます。誤ってファイルを削除または変更した場合は、「Time Machine」を使用して回復できます。

「Time Machine」の宇宙空間

ファイルのバックアップは、内蔵ディスク以外の場所(外付けハードディスク、ネットワーク上のディスク、Time Capsule など)にも作成することをお勧めします。そうすることで、内蔵ディスクまたは Mac に何か問題が起きても、システム全体を別の Mac に復元して、すぐにすべての情報をしかるべき場所に戻すことができます。

バックアップディスクを選択する

  • バックアップディスクとして外付けドライブを選択するには、コンピュータをドライブに接続するだけです。そのディスクをバックアップファイルとして使用するかどうかを尋ねるメッセージが表示されます。「バックアップに使用」をクリックするだけで、それ以降のすべてのことは「Time Machine」によって行われます。
  • バックアップディスクとしてネットワークドライブを使用するには、コンピュータとドライブの両方の電源が入っていてネットワーク上で利用できるようになっていることを確認し、アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し、「Time Machine」をクリックします。「Time Machine」環境設定の指示に従って、バックアップディスクを選択します。

バックアップディスクの選択と暗号化オプションの設定について詳しくは、次のヘルプトピックを参照してください:

バックアップディスクを選択して暗号化オプションを設定する

ファイルを復元する

「Time Machine」を切にしない限り、誤って削除した項目を元に戻したり、変更したファイルの古いバージョンを復元したり、必要に応じてシステム全体を回復したりといった機能を利用することができます。詳しい手順については、以下のトピックを参照してください:

Time Machine を使ってバックアップを作成した項目を復元する

システム全体を回復する

Published Date: 2017/09/14
Helpful?