OS X Mountain Lion: 画面を共有する

画面を共有する

ほかのユーザが画面を表示して、自分のコンピュータを制御できるようにします。自分の画面を別のコンピュータで共有している間は、別のコンピュータのユーザが画面を表示して、ファイルやウインドウを開く、移動する、閉じる、アプリケーションを開く、さらにはコンピュータを再起動するといった操作を実行できます。

  1. 「共有」環境設定が開いていない場合は開き、「画面共有」チェックボックスを選択します。
  2. 自分の画面を共有できる人を指定するには、次のうちいずれかを選択します:
    オプション 説明
    すべてのユーザ: コンピュータにユーザアカウントを持っているすべてのユーザが画面を共有できます。
    次のユーザのみ: 画面共有は特定のユーザに制限されます。
  3. 「次のユーザのみ」を選択した場合は、「ユーザ」リストの一番下にある「追加」(+)をクリックし、次の操作のいずれかを実行します:
    • 「ユーザとグループ」からユーザ(お使いの Mac のすべてのユーザを含む)を選択します。

    • 「ネットワークユーザ」または「ネットワークグループ」からユーザ(ネットワーク上の全員を含む)を選択します。

    • 連絡先からメンバーを選択します。メンバーのパスワードを作成して、「アカウントを作成」をクリックします。

    • 「新規メンバー」をクリックします。メンバーの名前とパスワードを入力し、「アカウントを作成」をクリックしてから、「ユーザとグループ」からメンバーを選択します。

  4. (オプション)画面を制御できるユーザを指定するには、「コンピュータ設定」をクリックし、次のいずれか、または両方を選択します:
    オプション 説明
    他のユーザが画面操作の権限を要求することを許可: ネットワーク上のすべてのユーザが画面の共有を要求できます。
    VNC 使用者が画面を操作することを許可: VNC ビューアを使用している場合は、VNC 使用者が画面を制御するのに必要なパスワードを作成します。

    OS X の内蔵画面共有ビューアだけを使って、このコンピュータの画面を共有する場合は、パスワードを作成しないでください。

Published Date: 2012/07/31
Helpful?