OS X Mountain Lion: VPN(Virtual Private Network)への接続を設定する

This article has been archived and is no longer updated by Apple.
VPN(Virtual Private Network)への接続を設定する

VPN(Virtual Private Network)に接続するには、「ネットワーク」環境設定で構成設定を入力する必要があります。たとえば、VPN サーバのアドレス、アカウント名、ネットワーク管理者から渡されたパスワードや証明書などの認証設定を入力します。

VPN 設定のファイルを渡された場合は、ファイルをダブルクリックして、「ネットワーク」環境設定を開き、設定の自動的な読み込みを試みてください。ファイルをダブルクリックしても「ネットワーク」環境設定が開かない場合は、アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し、「ネットワーク」をクリックした後、「アクション」ポップアップメニューから「構成を読み込む」を選択します。ファイルを選択し、「開く」をクリックします。

  1. アップルメニュー>「システム環境設定」と選択し、「ネットワーク」をクリックします。
  2. ネットワーク接続サービスリストの下部にある「追加」(+)をクリックし、「インターフェイス」ポップアップメニューから「VPN」を選択します。
  3. 接続するネットワークに応じて、「VPN タイプ」ポップアップメニューから設定したい VPN 接続の種類を選び、VPN サービスに名前を付けます。
  4. VPN 接続のサーバアドレスとアカウント名を入力します。
  5. 「認証設定」をクリックし、ネットワーク管理者から指定されたユーザ認証情報を入力します。
  6. ユーザ認証情報を入力したら、「OK」をクリックし、「接続」をクリックします。

「メニューバーに VPN の状況を表示」を選択して、VPN の状況アイコンを使ってネットワークに接続し、VPN サービスを切り替えます。

VPN 構成を取り除くには、リストで VPN ネットワーク接続サービスを選択し、「削除」(-)をクリックします。

Published Date: 2015/11/11
Helpful?