OS X Mountain Lion: ホームフォルダとは?

この記事はアーカイブ済みで、これ以上更新されることはありません。
ホームフォルダとは?

ホームフォルダには、書類、環境設定などの情報が格納されます。ホームフォルダは、コンピュータの各ユーザに対して、そのアカウントが設定されるときに作成されます。コンピュータが自分専用である場合は、ホームフォルダも 1 つしか存在しません。ホームフォルダは、実際には「ホーム」という名前ではありません。ユーザアカウントで指定されたアカウント名と同じ名前となります。ホームフォルダは Finder ウインドウのサイドバーに表示されます。

自分のアカウントにログインすると、ホームフォルダのアイコンは家になります。お使いのコンピュータに複数のアカウントがある場合、ほかのユーザがログインすると、そのユーザのホームフォルダが家のアイコンで表示され、自分のホームフォルダはフォルダのアイコンで表示されます。

家の形のアイコン

ホームフォルダの中にある「デスクトップ」、「書類」などのフォルダを使うと、コンピュータ上でさまざまな種類のファイルが簡単に見つけられます。

デスクトップ

デスクトップに表示されるファイルとフォルダ。

書類

テキスト書類などの、コンピュータに保存するほとんどのファイル。

ダウンロード

ローカルネットワーク、Web、または別のダウンロード元からダウンロードしたファイル。

ムービー

「iMovie」を使用して作成したプロジェクトなどの、お使いのムービー。

ミュージック

「iTunes」で使用する MP3 および AAC ファイルなどの、お使いのミュージックファイル。

ピクチャ

「iPhoto」に読み込んだり、「Photo Booth」を使用して撮影したピクチャなどの、お使いの写真。

パブリック

お使いのネットワーク上のほかのユーザにも使用できるようにしたファイル。

サイト

お使いの個人用 Web サイトを運営するための Web ページ。

ホームフォルダの名前は変更できません。異なる名前を使用したい場合は、新しいユーザアカウントを作成する必要があります(このためには管理者権限が必要です)。その後で、必要な場合は、前のホームフォルダから新しいホームフォルダに項目を移動します。

公開日: 2015/11/11
役に立ちましたか?
80% の人が役に立ったと言っています。