言語

ホームシェアリングについて

iTunes のホームシェアリングとは、ご家庭内の最大 5 台までのコンピュータ間で iTunes のメディアライブラリを簡単に共有できる機能です。iOS デバイスや Apple TV (2nd generation) がご家庭の Wi-Fi ネットワークに接続している場合は、ホームシェアリングを使って、それらのデバイス上で iTunes のコンテンツを再生することもできます。

ホームシェアリングを使って家庭内のコンピュータ間で iTunes ライブラリを共有

ホームシェアリングを使えば、ご家庭内の最大 5 台までの認証されたコンピュータ間で、ミュージック、ムービー、テレビ番組、App、その他をストリーミングまたは転送できます。そのためには、各コンピュータで同じ Apple ID を使って、ホームシェアリングを入にする 必要があります。設定が完了すると、ホームシェアリングを有効にしたコンピュータのすべてのライブラリが iTunes の「共有」エリアに表示されます。

iTunes でのホームシェアリングの設定

ホームシェアリングによって、認証済みのコンピュータからコンピュータにミュージックやビデオをストリーミングしたり、コンピュータのライブラリ間でミュージックをドラッグしたりできます。いずれかのホームシェアリング中のコンピュータで購入したものを、iTunes を使って自分のライブラリに自動的に読み込むようにすることもできます。そのためには、ライブラリを選択し、iTunes ウインドウの右下の「設定」ボタンを使ってコピーするコンテンツを選択します。

ホームシェアリングを使って iPhone、iPad、iPod touch、Apple TV (2nd generation 以降) との間で iTunes ライブラリを共有

ホームシェアリングを使うと、コンピュータからストリーミングしたコンテンツを iOS デバイスApple TV (2nd generation 以降) で再生できます。各デバイスでホームシェアリングを有効にする必要があります。さらに、ご家庭の Wi-Fi ネットワーク上の各デバイスで同じ Apple ID を使う必要があります。

共有ライブラリ

iOS でホームシェアリングを使うには iOS 4.3 以降、Apple TV では Apple TV (2nd generation) 以降が必要です。

iTunes のホームシェアリングに関する最少必要条件および設定方法やトラブルシューティングについての詳細は、ホームシェアリングのサポートページ を参照してください。

最終更新日: 2014/04/07
役に立ちましたか?
はい
いいえ
Not helpful Somewhat helpful Helpful Very helpful Solved my problem
このページを印刷する
  • 最終更新日: 2014/04/07
  • 記事: HT3819
  • 表示回数:

    11767555
  • 評価:
    • 58.0

    (162 件の回答)