言語

OS X:強制終了を使って応答しないアプリケーションを終了する方法

強制終了を使って応答しないアプリケーションを終了する方法を説明します。

アプリケーションが応答しないときも、OS X の強制終了機能を使ってアプリケーションを終了できます。 

重要:通常、App を終了するのに強制終了を使う必要はありません。App を強制終了すると、開いていた書類への保存していない変更がすべて失われるため、まずは以下の方法で App を通常通り終了することを試みます。

  1. App のメニューから「終了」を選択します。たとえば Safari では、「Safari」>「Safari を終了」の順に選択します。
  2. Dock の App のアイコンを右クリックするか「control」キーを押しながらクリックして、「終了」を選択します。

上記の手順で App が終了しない場合は、以下のいずれかの手順で App を強制終了します。

  • Finder などの別の App に切り替え、Apple メニューから「強制終了」を選択します。強制終了ウインドウから応答していない App を選択し、「強制終了」をクリックします。
  • 「command + option + esc」を押した後、表示される強制終了ウインドウから応答していない App を選択し、「強制終了」をクリックします。
  • キーボードの「control」キーと「option」キーを押しながら、Dock の応答していない App のアイコンをクリックします。表示されるメニューから「強制終了」を選択します。
  • 「ユーティリティ」フォルダまたは Spotlight メニューからアクティビティモニタを開きます。アクティビティモニタウインドウから応答していない App を選択します。「表示」メニューから「プロセスを終了」を選択するか、アクティビティモニタウインドウのツールバーにある強制終了ボタンをクリックします。
  • 応答しない App から切り替えられない場合は、「command + option + shift + esc」を 3 秒間押したままにして強制終了します。このキーの組み合わせによって、最前面の App が強制終了されます。

 

追加情報

Finder は終了すると自動的に再度開きます。Finder が応答しない場合は、強制終了を使って Finder を再度開きます。強制終了ウインドウまたは Dock で Finder を選択してから、「再度開く」をクリックします。

最終更新日: 2014/01/09
役に立ちましたか?
はい
いいえ
Not helpful Somewhat helpful Helpful Very helpful Solved my problem
このページを印刷する
  • 最終更新日: 2014/01/09
  • 記事: HT3411
  • 表示回数:

    5371389
  • 評価:
    • 72.0

    (38 件の回答)