言語

iPhone and iPod:水濡れによる損傷は保証対象外

液体 (コーヒーやソフトドリンクなど) により iPhone または iPod が損傷した場合、水濡れによる損傷の修理は、Apple 製品 1 年限定保証や AppleCare Protection Plan (APP) の対象にはなりません。2006 年以降に製造された iPhone とほとんどの iPod デバイスには、デバイスに水または水を含む液体が浸入したかを示す液体浸入インジケータ (下記参照) が内蔵されています。

iPhone とほとんどの iPod デバイスには、外部から確認できる液体浸入インジケータ (LCI) が内蔵されています。

LCI は、水または水を含む液体に直接接触すると、反応します。通常はインジケータの色が白またはシルバーですが、水または水を含む液体に直接接触すると、完全に赤くなります。LCI は 製品の動作環境条件 で述べている程度の湿度や温度の変化では反応しないようになっています。

お使いの製品の LCI が反応しているかどうか判断するには、下記の表で製品を見つけて、製品の LCI の位置を確認します。LCI を確認しやすいように、ライト付きの拡大鏡を使って、LCI が見えるまでライトまたはデバイスを傾けてください。

注意:デバイスで発生している問題の原因が液体の浸入かどうか分からない場合は、LCI が反応していても、AppleCare または正規 iPhone サービスプロバイダまでご連絡ください。

次の表は、インジケータの位置と液体が侵入した後のインジケータの状態を示しています。

iPhone 5 iPhone 5 の LCI の位置
iPhone 4/iPhone 4S
iPhone 3G/iPhone 3GS

iPhone

iPod touch*

iPod nano*

iPod classic
iPod shuffle (3rd generation)

*注意:iPod nano (7th generation) および iPod touch (5th generation) には、外部から確認できる液体浸入インジケータは内蔵されていません。

デバイスの内部に水または水を含む液体が浸入した場合は、腐食によって回復不能な劣化や損傷が発生することがあります。これによりデバイスが誤作動を起こすことがあります。デバイスに水または水を含む液体が浸入したか、その可能性がある場合は、Dock コネクタ、ヘッドセット/ヘッドフォンジャック、Dock のネジ、スピーカーまたはマイクのメッシュ、露出した金属部品に腐食がないか確認します。例:

iPhone および iPod の修理サービスや保証については、次のリンクをクリックしてください。

http://www.apple.com/jp/support/iphone/service/faq/

または

http://www.apple.com/jp/support/ipod/service/faq/

最終更新日: 2012/10/26
役に立ちましたか?
はい
いいえ
Not helpful Somewhat helpful Helpful Very helpful Solved my problem
このページを印刷する
  • 最終更新日: 2012/10/26
  • 記事: HT3302
  • 表示回数:

    4986014
  • 評価:
    • 69.0

    (164 件の回答)