Mac で写真 App を使う

お使いのすべてのデバイスで写真を入手する方法、コレクションを管理する方法、写真を編集および共有する方法をご案内します。

 

写真 App を使えば、大きくなり続けるライブラリも整理整頓でき、いつでもアクセスしやすくなります。機能性に優れ、直感的に使える編集ツールで、写真を完璧に仕上げることができます。「メモリー」は、フォトライブラリからベストショットを選りすぐって、立派なコレクションにまとめて見せてくれます。さらに iCloud フォトライブラリを使えば、一生分の写真やビデオを iCloud に保存しておいて、最新の状態ですべてのデバイスから見ることができます。

始める前に

すべての写真にどこからでもアクセスできる

iCloud フォトライブラリはすべての写真を自動的に iCloud に保存するので、iPhone、iPad、iPod touch、Apple TV、Mac、iCloud.comWindows パソコンから楽しめます。写真 App で画像を編集および整理した場合、どこにでも変更が反映され、どこからでも最新情報を見ることができます。

    

iCloud ストレージを管理する

iCloud フォトライブラリに保存される写真とビデオは、iCloud ストレージを消費します。iCloud フォトライブラリを有効にする前に、コレクション全体を保存できるだけの十分な空き容量があるか確認してください。どのくらいの容量が必要かを確認してから、必要に応じてストレージプランをアップグレードできます。

iCloud フォトライブラリを有効にする

使い始めるのは、いたって簡単。「設定」で iCloud フォトライブラリを有効にして、すべてのデバイスで必ず同じ Apple ID を使ってサインインするだけです。Mac で「システム環境設定」>「iCloud」の順に選択し、「写真」の横にある「オプション」ボタンをクリックしてから、「iCloud フォトライブラリ」を選択してください。
 

フォトライブラリを整理整頓する

写真 App は、お使いのすべての Apple 製デバイスで同じように整理されます。いつでも違和感がないのは、そのためです。Mac では、コレクションは「ライブラリ」「共有」「アルバム」「プロジェクト」の 4 つの主要カテゴリに分類されます。

写真 App は、写真、ビデオ、「メモリー」「お気に入り」「ピープル」などをライブラリの中で自動的に振り分けてくれます。同じ時間や場所で撮影された写真とビデオがまとめられ、「モーメント」「コレクション」「年別」に分けて表示されます。iCloud 写真共有でほかの人と共有している写真は、「共有」で見ることができます。コレクションは「アルバム」に整理されます。さらに、「プロジェクト」でブック、カード、カレンダー、プリントなどを表示し、注文できます。

写真 App でできる、もっといろんなこと

ちゃんとした仕事をしようと思ったら、Mac に向かうでしょう。目を見張るようなスライドショーの作成も、お気に入りの人とのデータ共有も、探していた瞬間をすばやく見つけ出すのも、どれも写真 App でかつてないほど簡単になっているのは、そのせいです。何回かクリックするだけで、すべて済んでしまいます。

スライドショーを再生する

写真 App の中で直接、あっという間にスライドショーを準備できます。アルバムを開いて「スライドショー」をクリックします。テーマやミュージックをカスタマイズしたら、もう出来上がりです。

または、「モーメント」「コレクション」「年別」のタイトルをクリックしてから、 をクリックします。

友達と共有する

を使って、iCloud 写真共有、メールなどで写真を共有できます。Facebook や Twitter などのソーシャルメディアアカウントにも写真を送れます。

複数の写真を選択する

写真 App では、ライブラリから複数の写真やビデオをもっと効率的に選択できるようになりました。写真やビデオを何枚か選択すると、すぐにその枚数が写真 App の右上隅に表示されるようになりました。選択したら、そのままアルバムに移動する、非表示にする、削除する、情報を見るなど、さまざまな操作ができます。

写真を検索する

探している写真やビデオもあっという間に見つかります。写真 App に直接組み込まれている検索バーを使ってください。写っている人や物 (ケーキや風船など) を条件にして写真を検索できます。

または、写真 App の右上隅にあるフィルタをお試しください。「表示」をクリックして、「お気に入り」「編集済み」「写真」「ビデオ」の中から選択します。

写真やビデオをライブラリから削除する

写真やビデオが要らなくなったら、一度に 1 枚ずつ、または数枚まとめて削除できます。

写真を 1 枚削除する

  1. 削除したい写真を選択します。
  2. 「delete」キーを押します。
  3. 写真を削除することを確定します。

複数の写真を削除する

  1. 「command」キーを押したままにします。
  2. 削除したい写真を選択していきます。
  3. 「delete」キーを押します。
  4. 写真を削除することを確定します。
     

削除した写真は「最近削除した項目」アルバムに移動し、そこに 30 日間保管されます。iCloud フォトライブラリをお使いの場合は、削除した写真が、ほかのデバイスでも「最近削除した項目」アルバムに移動します。30 日経つと、写真は写真 App から完全に削除されます。「最近削除した項目」アルバムの「すべてを削除」をクリックすれば、写真をすぐに完全に削除できます。

「delete」キーを押してアルバムから直接写真を削除した場合、そのアルバムから削除されるだけで、フォトコレクション全体から削除されるわけではありません。写真をアルバムからもコレクションからも削除したい場合は、「command」キーを押しながら「delete」キーを押してください。

写真を編集する

写真 App には、機能性に優れ、使いやすい編集ツールが付いています。写真に調整を加えて、思いのままに仕上げることができます。最初から調整し直したくなったら、写真をいつでも元の状態に戻すことができます。以下の要領で行ってください。

  1. 「写真」表示で、またはアルバムの中で、編集したい写真をダブルクリックします。
  2. 写真 App の右上隅にある「編集」または をクリックします。
  3. 編集ツールが、ウインドウの右側に並んで表示されます。使いたいツールをクリックしてください。

写真を編集したら、「完了」をクリックします。最初からやり直したくなったら、「オリジナルに戻す」をクリックします。iCloud フォトライブラリをお使いの場合、編集内容はすべてのデバイスに反映されます。

macOS High Sierra の写真 App では、写真を他社製の写真編集 App に送って編集を済ませ、編集結果をライブラリに反映させることができます。他社製の App や機能拡張を使って写真を編集する方法については、こちらの記事を参照してください。

     

写真に関する情報を表示および追加する

写真に説明、キーワード、具体的な撮影地などの詳しい情報を追加することもできます。「人々を追加」して、各写真に写っている友達や家族に名前を付けることもできます。

情報ウインドウを表示するには、写真をダブルクリックして開き、右上隅にある をクリックするか、または、写真を選択してキーボードショートカット「command + I」を使います。情報を追加したら、「検索」バーを使って、キーワード、タイトル、説明、人名、または撮影地で写真を探せるようになります。

Apple 製以外の製品に関する情報や、Apple が管理または検証していない個々の Web サイトは、推奨や承認なしで提供されています。Apple は他社の Web サイトや製品の選定、性能、使用については一切責任を負いません。Apple は他社の Web サイトの正確性や信頼性については一切明言いたしません。インターネットの使用にはリスクがつきものです。詳しくは各社にお問い合わせください。その他の会社名や製品名は、それぞれの所有者の商標である場合があります。

公開日: