「iPhone を探す」のアクティベーションロック

「iPhone を探す」には、「アクティベーションロック」という機能があります。iPhone、iPad、iPod touch、Apple Watch を紛失したり盗まれたりしても、第三者に使われないように保護するしくみです。アクティベーションロックは、「iPhone を探す」をオンにすると自動的に有効になります。


アクティベーションロックがかかっていれば、たとえ第三者の手に渡ってしまってもデバイスは安全に守られ、取り戻せる確率が高くなります。たとえ持ち主がリモートでデバイスのデータを消去したとしても、第三者が持ち主の許可なしにデバイスを再アクティベートすることはできません。この機能は、「iPhone を探す」をオンにし、自分の Apple ID とパスワードを覚えているだけで活用できます。watchOS 2 以降では、アクティベーションロックで Apple Watch も保護できます。

仕組み

iPhone、iPad、iPod touch で「iPhone を探す」を有効にすると、Apple ID は Apple のアクティベーションサーバに安全に保管され、そのデバイスに紐付けられます。それ以降は、Apple ID のパスワードまたはデバイスのパスコードを入力してからでないと、だれもデバイスで「iPhone を探す」をオフにしたり、デバイスを消去したり、再アクティベートして使ったりできなくなります。

「iPhone を探す」を設定すると、アクティベーションロックが自動的に有効になります。

デバイスを失くしたり盗まれたりした場合

デバイスを紛失したときは、どこかに置き忘れた場合も、盗まれたと思う場合も、すぐに「iPhone を探す」を使ってデバイスを紛失モードにしてください。

紛失モードにすると、画面をパスコードでロックして、カスタムメッセージに自分の電話番号を表示できるので、捜索の助けになります。必要ならデバイスをリモートから消去できます。デバイスの消去後もカスタムメッセージは引き続き表示されます。

アクティベーションロックはバックグラウンドで働き、紛失したデバイスを第三者が使ったり売却したりできないように阻止します。一方の紛失モードでは、デバイスを持ち主が探していて、持ち主のパスワードがない限り再アクティベートできないことを、デバイスを見つけた人にわかりやすく知らせることができます。

デバイスを紛失モードにするには、Mac または Windows パソコンから icloud.com/find にサインインするか、「iPhone を探す」iOS App を使います。

デバイスを紛失したり盗まれたりした場合の対処法については、こちらの記事を参照してください。

Apple ID またはパスワードを忘れてしまった場合

Apple ID は、Apple のすべてのサービスへのサインイン時にお使いいただくアカウントです。通常は、ご自分のメールアドレスが Apple ID になります。Apple ID を忘れてしまった場合は、こちらの記事を参考にお調べください。

パスワードを忘れた場合は、デバイス本体または Apple ID のアカウントページからリセットできます。

Apple ID が見つからない場合や、パスワードをリセットできない場合は、アカウントにアクセスできなくなり、その結果、デバイスを使えなくなったり再アクティベートできなくなったりする可能性もあります。そうならないように、定期的に Apple ID のアカウントページでアカウント情報を確認し、アップデートするようにしてください。

デバイスの購入前にアクティベーションロックについて調べておく

iPhone、iPad、iPod touch、Apple Watch を Apple や Apple 製品取扱店以外から購入する場合は、事前に、デバイスが消去されていること、また、以前の持ち主のアカウントに紐付けられたままでないことを確認してください。販売店にアクティベーションロックが無効になっているかどうかを確認し、以下の手順を実行します。

  1. デバイスの電源を入れ、スライドさせてロックを解除します。
  2. パスコードロック画面またはホーム画面が表示される場合、デバイスのデータは消去されていません。販売店に頼んで、「設定」>「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップしてデバイスのデータを完全に消去してもらいます。データが完全に消去されるまでは中古の iPhone、iPad、iPod touch の所有権を引き継がないでください。
  3. デバイスの初期設定が始まります。
  4. 前の持ち主の Apple ID とパスワードの入力を求められる場合は、そのデバイスはまだ前の持ち主のアカウントにリンクされています。デバイスを販売店の店員に渡してパスワードを入力してもらいます。前の持ち主がその場にいない場合は、icloud.com/find にサインインして、アカウントからデバイスを削除してもらいます。前の持ち主のアカウントからデバイスが削除されるまでは中古の iPhone、iPad、iPod touch の所有権を引き継がないでください。

デバイスの電源をはじめて入れたときに「iPhone を設定」「iPad を設定」または「iPod を設定」の各画面が表示されれば、新しい持ち主 (あなた) がそのデバイスを使用できます。

購入したデバイスがまだ前の持ち主に紐付けられている場合は、できるだけ早くその方に連絡し、デバイスを消去し、自分のアカウントから削除してもらえるように頼んでください。前の持ち主のアカウントからデバイスを削除する方法については、こちらの記事を参照してください。

デバイスを譲渡する/修理に出す前に

デバイスを譲り渡したり修理に出したりする場合は、その前に必ずデバイスで「iPhone を探す」を無効にしておいてください。無効にしておかないと、デバイスがロックされたままになり、譲り受けた人も通常通りに使うことができず、Apple の技術者も修理を実施できません。iCloud からサインアウトし、コンテンツと設定をすべて消去しておいてください。そうすればデバイスが完全に消去され、Apple ID から削除され、「iPhone を探す」が無効になります。

iOS 10.3 以降:

  1. 「設定」>「[ユーザ名]」の順にタップします。
  2. 下にスクロールして「サインアウト」をタップします。 
  3. Apple ID のパスワードを入力して、「オフにする」をタップします。
  4. 「設定」に戻ります。
  5. 「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップします。

iOS 10.2 以前:

  1. 「設定」>「iCloud」の順にタップします。
  2. 下にスクロールして「サインアウト」>「サインアウト」の順にタップします。
  3. 「iPhone から削除」をタップし、パスワードを入力します。
  4. 「設定」に戻ります。
  5. 「一般」>「リセット」>「すべてのコンテンツと設定を消去」の順にタップします。
     

デバイスを売却または譲渡する前の準備作業についてはこちらの記事、デバイスを修理に出す前の準備作業についてはこちらの記事を参照してください。

公開日: