macOS High Sierra

VoiceOver 標準のジェスチャ

トラックパッドを使用する場合は、VoiceOver 標準のジェスチャを使って、画面上の項目への移動や項目の操作などができます。標準のジェスチャは変更できません。VO は VoiceOver 修飾キーを表します。

注記:特に指の数が指定されていないジェスチャでは、1 本の指を使用します。

一般

トラックパッドコマンダーと VoiceOver ジェスチャを有効にする

VO + 2 本の指で時計回りに回転

トラックパッドコマンダーと VoiceOver ジェスチャを無効にする

VO + 2 本の指で反時計回りに回転

スクリーンカーテンをオン/オフにする

3 本の指でトリプルタップ

VoiceOver を消音する/消音解除する

3 本の指でダブルタップ

移動

トラックパッド上で指をドラッグするときに、VoiceOver カーソルを強制的に水平線または垂直線に合わせる

Shift キーを押したまま横方向か縦方向に指をドラッグ

VoiceOver カーソルを次の項目に移動する

右にフリック

VoiceOver カーソルを前の項目に移動する

左にフリック

内容またはスクロールバーを移動する(トラックパッドコマンダー設定に依存)

3 本の指で任意の方向にフリック

「Dock」に移動する

2 本の指でトラックパッドの下部付近をダブルタップ

メニューバーに移動する

2 本の指でトラックパッドの上部付近をダブルタップ

「アプリケーション選択」を開く

2 本の指でトラックパッドの左側をダブルタップ

「ウインドウセレクタ」を開く

2 本の指でトラックパッドの右側をダブルタップ

現在のアプリケーションの別の領域にジャンプする

Control キーを押したまま指でトラックパッドをタッチ

操作

VoiceOver カーソル内の項目を読み上げる。項目がない場合は、サウンドエフェクトを再生して空白領域であることを示す

タッチ(タップまたはドラッグを含む)

項目を選択する

任意の場所をダブルタップする。スプリットタップ(ある指でタッチしてから、別の指でタップします)してもかまいません。

VoiceOver カーソル内の項目の操作を開始する

2 本の指で右にフリック

VoiceOver カーソル内の項目の操作を中止する

2 本の指で左にフリック

1 ページ下または上にスクロールする

3 本の指で上または下にフリック

何も選択しないでメニューを閉じる

2 本の指で前後にスクラブ

スライダ、分割バー、ステッパーなどのコントロールの値を増やす/減らす

上にフリック(増やす)または下にフリック(減らす)

テキスト

現在のページを先頭から読み上げる

2 本の指で上にフリック

VoiceOver カーソルから現在のページの最後まで読み上げる

2 本の指で下にフリック

現在のスクロールページを読み上げる

3 本の指でタップ

読み上げを一時停止する/再開する

2 本の指でタップ

VoiceOver カーソル内にあるものを説明する

トリプルタップ

テキストを読み上げる方法を変更する(1 単語ずつ、1 行ずつ、1 文ずつ、1 段落ずつ)

Command キーを押したまま指でトラックパッドをタッチ

ローテーション

ローテーション設定を変更する

2 本の指で回転

ローテーション設定に基づいて前の項目に移動する

上にフリック

ローテーション設定に基づいて次の項目に移動する

下にフリック

その他のジェスチャを VoiceOver コマンドを割り当てることでカスタマイズするときは、トラックパッドコマンダーを使用します。詳しくは、VoiceOver コマンドをジェスチャに割り当てるを参照してください。