macOS High Sierra

クイックナビを使用して操作する

クイックナビを使用すると、矢印キーのみを使用してアプリケーションや Web サイトを移動したり、単一のキーで Web ページを移動したり、クイックナビローターを使用してアプリケーションや Web ページを移動することができます。

注記:VO は VoiceOver 修飾キーを表します。

クイックナビをオン/オフにする

  • 左矢印キーと右矢印キーを同時に押します。

    「VoiceOver ユーティリティ」の「クイックナビ」の「コマンダー」で、矢印キーを使用してクイックを切り替えるオプションを選択解除した場合、このコマンドは機能しません。代わりに、VO + H + H キーを押して「コマンド」メニューを開き、「quick」と入力して「クイックナビの入/切を切り替える」コマンドを検索してから、コマンドを選択します。

矢印キーを使用してアプリケーションや Web ページを操作する

異なるレベルが含まれる目次など、一部の項目を移動するには、まずその項目を操作する必要があります。

  • 項目の操作を開始するときは、右矢印キーと下矢印キーを同時に押します。

  • 項目の操作を終了するときは、左矢印キーと下矢印キーを同時に押します。

  • 上下左右に移動するときは、矢印キーを押します。クイックナビでは、これらのキーは VO 修飾キーと矢印キーを同時に押すことと同じです。

  • VoiceOver カーソルの項目でデフォルト操作を実行するときは、下矢印キーと上矢印キーを同時に押します。

単一キーを使用して Web ページ内を移動する

  • 「VoiceOver ユーティリティ」で単一キーによる Web ページナビゲーションを有効にした場合は、単一キーを使用して Web ページ内を移動できます。たとえば、b または B キーを押して次または前のボタンに移動したり、1 または !キーを 押して次または前の見出し 1 に移動したりできます。

    単一キーのデフォルトの割り当てを変更し、独自のキー割り当てを追加するときは、「VoiceOver ユーティリティ」の「コマンダー」カテゴリの「クイックナビコマンダー」パネルを使用します。

    「VoiceOver ユーティリティ」を開くには、Command + F5 キーを押して VoiceOver を入にしてから、VO + F8 キーを押します。

クイックナビローターを使用してアプリケーションや Web ページを操作する

クイックナビローターで、現在のコンテキストに基づくカテゴリを使用して項目を移動することができます。たとえばメールメッセージで、クイックナビローターを使って文単位でメッセージ内を移動したり、メッセージのヘッダと本文の間を移動したり、メッセージ間を移動することができます。

  • ローターを開くには、左矢印キー+上矢印キーまたは右矢印キー+上矢印キーを押します。

  • 次のカテゴリ(「文字」など)に移動するには、右矢印キー+上矢印キーを押します。

  • ローターの前のカテゴリ(「コンテンツセレクタ」など)に移動するには、左矢印キー+上矢印キーを押します。

  • 現在のカテゴリ内の項目上を移動するには、上矢印キーまたは下矢印キーを押します。項目上を移動すると、VoiceOver カーソルの位置も移動します。

「コンテンツセレクタ」カテゴリは、メールメッセージをプレビューするのに特に便利です。メッセージプレビュー内に VoiceOver カーソルを置いた状態で、クイックナビキーを押して「コンテンツセレクタ」カテゴリに移動し、上矢印キーまたは下矢印キーを押します。メッセージリスト内を上下に移動しても、VoiceOver カーソルはメッセージプレビュー内に留まったままです。このため、最初にメールメッセージに移動しなくても、メールメッセージを読み上げることができます。

「クイックナビ」をオンにすると、クイックの矢印キーと単一キーのコマンドが「コマンド」メニューに含められます。詳しくは、「コマンド」メニューを使ってコマンドを検索するを参照してください。