macOS High Sierra

カーソルが反対側に復帰する機能を使用して移動する

カーソルが反対側に復帰する機能を使用すると、VoiceOver はウインドウや列の項目を循環し、移動しやすくなります。

注記:VO は VoiceOver 修飾キーを表します。

  1. 「VoiceOver ユーティリティ」を開き(VoiceOver がオンのときに、VO + F8 キーを押す)、「ナビゲーション」をクリックして、「カーソルを反対側に復帰」を選択します。

  2. カーソルが反対側に復帰する機能を使用するには、以下のいずれかを実行します:

    • ウインドウ上の最後の項目からウインドウ上の最初の項目に復帰するには、VO +右矢印キーを押します。

    • ウインドウ上の最初の項目からウインドウ上の最後の項目に復帰するには、VO +左矢印キーを押します。

    • 列(リストなど)の最後の項目から次の列の最初の項目に復帰するには、VO +下矢印キーを押します。

    • 列(リストなど)の最初の項目から前の列の最後の項目に復帰するには、VO +上矢印キーを押します。