macOS High Sierra

次に押されたキーを VoiceOver が無視するように設定する

アプリケーションは、VoiceOver 修飾キーとほかのキーを使用してアクションを実行することができます。VoiceOver を使用しているときに、このようなアプリケーションのコマンドを使用したい場合は、次に入力するキーの組み合わせを無視するように VoiceOver に指示できます。

注記:VO は VoiceOver 修飾キーを表します。

  • VO + Tab キーを押します。

    次にそのアプリケーションのコマンドのキーを押したとき、VoiceOver に無視されます。

「キーボード」環境設定の「ショートカット」パネルで、アプリケーションのさまざまなキーボードショートカットを変更できます。