macOS High Sierra

VoiceOver の新機能

macOS High Sierra の VoiceOver では、Mac を不自由なく操作できるように、新機能が導入されています。

注記:VO は VoiceOver 修飾キーを表します。

  • 多言語サポートの強化。VoiceOver が読み上げているテキストに言語が関連付けられていると検出された場合、自動的に別の声に切り替わり、テキストはその言語で読み上げられます。「VoiceOver ユーティリティ」で、VoiceOver が特定の言語で使用する声を選択してカスタマイズできます。たとえば、フランス語を追加してフランス語の声をカスタマイズした場合、スクリーンリーダー向けのフランス語とタグ付けされたテキストを読み上げるときは、そのフランス語の声が使用されます。

  • イメージの説明。VO + Shift + L キーを押すと、イメージに表示されるテキストの内容が説明されます(イメージに注釈が付いていない場合でも)。VoiceOver では、写真に木、犬、または 4 人の笑顔などが含まれているかどうかについても説明できます。

  • グレード 2 の点字の操作性向上。VoiceOver では、グレード 2 の点字を使ってテキストを入力したり編集したりするときの操作がよりシームレスになります。たとえば、点字ディスプレイには入力中の内容のコンテキストが表示され、テキストを編集するときにグレード 1 の点字に再変換されません。

  • Web およびメール操作の向上。VoiceOver では、「Safari」での Web ページのナビゲーションの一貫性および信頼性が向上しました。VoiceOver では、「メール」でリッチテキストフォーマットのメッセージ内の表を取り扱う際の操作性が向上しました。

  • PDF アクセスの向上。VoiceOver では、タグ付けされた PDF 書類の表、リスト、およびフォームの読み上げサポートが向上しました。