macOS High Sierra

VoiceOver コマンドを点字ディスプレイのキーに割り当てる

点字ディスプレイに入力キーが用意されていることが検出されると、それらのキーに一般的な VoiceOver コマンドが自動的に割り当てられます。たとえば、「下」コマンドが D3 キーに割り当てられた場合には、点字ディスプレイでそのキーを押すと、画面上で VoiceOver カーソルが 1 つ下の行に移動します。

注記:VO は VoiceOver 修飾キーを表します。

  1. 点字ディスプレイを Mac に接続し、VoiceOver をオンにした状態で、VO + F8 キーを押して「VoiceOver ユーティリティ」を開きます。

  2. 「点字」カテゴリをクリックし、「ディスプレイ」をクリックして、コマンドを割り当てたい点字ディスプレイを選択してから、「コマンドを割り当て」をクリックします。

  3. VoiceOver コマンドを点字ディスプレイのキーに割り当てます。

    • キーに割り当てられたコマンドを変更するときは、キーに移動し、ポップアップメニューをクリックして、コマンドを選択します。

    • 新しい点字キーを追加してコマンドをそれらのキーに割り当てることができるようにするときは、「追加」ボタン(をクリックして行を追加し、Command + B キーを押してから、5 秒以内に、追加したい点字キーを押します。サウンドエフェクトで秒数がカウントダウンされます。ポップアップメニューをクリックして、キーに割り当てるコマンドを選択します。