macOS High Sierra

更新式点字ディスプレイについて

VoiceOver が対応している点字ディスプレイを Mac に接続すると、ディスプレイが検出されて、画面に表示されるものについての情報がディスプレイに送信されます。1 台の Mac に複数の点字ディスプレイを接続できます。その場合は、各ディスプレイに同じ内容が同時に表示されるため、教室で使用する場合に便利です。「VoiceOver ユーティリティ」の「点字」カテゴリでディスプレイの設定をカスタマイズでき、「詳細度」カテゴリで詳細度レベルを設定できます。

1 級英語点字と 2 級英語点字

VoiceOver では、デフォルトで 8 点式の 1 級英語点字(グレード 1)が表示されます。このモードでは、点字ディスプレイでの入力中に各文字が自動的に点字出力に変換されます。

8 点式点字を切にして、代わりに 6 点式の 1 級英語点字を使用することもできます。このモードでは、点字ディスプレイでの入力時に、1 つの単語の入力が完了したと判断されるか、点字ディスプレイのスペースバーが押されると、各単語が自動的に点字出力に変換されます。

2 級英語点字(グレード 2)を使用することもできます。VoiceOver では、テキストの入力や編集がシームレスに行われます。お使いの点字ディスプレイには、入力中の内容のコンテキストが、1 級英語点字との間で動的に切り替わることなく表示されます。

行をパンする

標準的な点字ディスプレイでは、VoiceOver カーソルがある行全体の内容が説明されます。たとえば、VoiceOver カーソルをウインドウ上の特定の項目に置くと、アイコン、チェックボックス、ポップアップメニューなどの項目と、VoiceOver カーソルの左右にあるテキストが点字デバイスに表示されます。

行の幅が大きすぎて点字ディスプレイに入らない場合は、ディスプレイの左ボタンまたは右ボタンを使用して、行を「パン」することができます。左方向または右方向に 1 回パンするときの移動量は、ディスプレイに含まれるセル(状況セルを含みます)の数に応じて決まります。VoiceOver カーソルを移動すると、カーソルに従って点字ディスプレイが必要に応じてパンされます。さらに前の行または次の行に復帰する必要がある場合には復帰します。

ドット 7 および 8

ドット 7 および 8 が上がって VoiceOver カーソルの場所とテキスト選択(テキストを編集または選択している場合)を示します。テキスト選択カーソル(「I ビーム」)の位置は、I ビームの前の点字セルを点滅するドット 8、I ビームの後の点字セルをドット 7 とすることで示します。

状況セル

3 つの状況セルを使用して、画面上の内容に関する詳細情報を表示します。使用される状況セルの数と、それらを点字ディスプレイのどこに割り当てるかを設定できます。たとえば、テキストの状況を示すセルを使用して、その場所をディスプレイの左側に設定することができます。

点字ディスプレイのキーに VoiceOver コマンドを割り当てるときは、「VoiceOver ユーティリティ」を使用できます。詳しくは、VoiceOver コマンドを点字ディスプレイのキーに割り当てるを参照してください。

点字パネルにパーキンス式のキーボードがある場合は、それで入力することもできます。