macOS High Sierra

ウインドウやオブジェクトを動かす/サイズ変更する

アプリケーション内のウインドウや一部のオブジェクト(グラフィックスやテキストボックスなど)を動かしたり、サイズを変更したりします。

注記:VO は VoiceOver 修飾キーを表します。

動かす

  1. 動かしたい項目に移動し、ウインドウの場合は VO +「`」キー、オブジェクトの場合は VO + Command +「`」キーを押します。

    動かせない項目の場合は、そのように通知されます。

  2. 次のいずれかの方法でウインドウまたはオブジェクトを動かします:

    • 上、下、左、または右:矢印キーを押します。

    • 対角線方向:VO 修飾キーと上矢印キーまたは下矢印キーと左矢印キーまたは右矢印キーを押します。たとえば、ウインドウを対角線に沿って右上隅方向に動かすときは、VO +右矢印キー+上矢印キーを押します。

  3. ウインドウやオブジェクトを動かすのを終了するときは、Escape キーまたは Fn + Tab キーを押します。

    項目を動かすのが終わるまで、ほかの VoiceOver コマンドは使用できません。

ウインドウやオブジェクトを画面の周囲にすばやく動かすときは、専用の数字キーを使用できます。左上には 1 キー、中央上には 2 キー、右上には 3 キー、中央左には 4 キー、中央には 5 キー、中央右には 6 キー、左下には 7 キー、中央下には 8 キー、右下には 9 キーを使用します。

サイズを変更する

  1. サイズを変更したい項目に移動して、VO +ティルダ(~)キー(ウインドウの場合)または VO + Command +ティルダ(~)キー(オブジェクトの場合)を押します。

    サイズを変更できない場合は、そのように通知されます。

  2. 表示される「サイズ変更」メニューで、「サイズ変更」、「サイズを変更してグリッドに移動」、または「項目のサイズを変更してセクションに移動」を選択します。

  3. 端または隅のサイズ変更を選択できるサブメニューに移動するか、サイズを変更してグリッド内の左上などの領域に移動するか、サイズを変更して下半分などのセクションに移動します。

  4. 項目のサイズを変更します。

    • 端のサイズを変更するときは、VO キーと矢印キーを使います(たとえば、ウインドウまたはオブジェクトの右端を拡張するときは、VO +右矢印キーを押します)。

    • 隅またはハンドルのサイズを変更するときは、VO キーと 2 つの矢印キーを使います(たとえば、ウインドウの右上隅、またはオブジェクトの右上ハンドルを拡張するときは、VO +右矢印キー+上矢印キーを押します)。

  5. ウインドウやオブジェクトのサイズ変更を中止するときは、Escape キーまたは Fn + Tab キーを押します。

    サイズ変更が終わるまで、ほかの VoiceOver コマンドは使用できません。