macOS High Sierra

テキストコマンド

テキストや表の読み上げや編集などの操作を実行するときは、これらのコマンドを使用します。これらのコマンドを使用するには、ほとんどの場合、テキスト領域内でテキストの操作が必要になります。VO は VoiceOver 修飾キーを表します。

注記:VoiceOver がオンになっていると、ファンクションキー(F1 キーから F12 キーまで)を使う代わりに、VoiceOver 修飾キーで Fn キーと数字キーを使って VoiceOver コマンドを入力できます。たとえば、「VoiceOver ユーティリティ」を開くときは、Control + Option + Fn + 8 キー(Control + Option + F8 キーの代わり)を押すことができます。

ファンクションキー(F1 から F12)を使用する場合、「キーボード」環境設定のファンクションキーの動作の設定によっては、Fn キーを押したままにする必要があります。

VoiceOver カーソルの内容を読み上げる

VO + A

VoiceOver カーソル内のテキスト全体を選択する

VO + Shift + A

テキストフィールド内のテキスト選択を開始する/停止する(テキスト選択追従がオンであること)

VO + Return

テキスト属性を読み上げる

VO + T

テキスト内のホットスポットにジャンプする

VO +<ホットスポット番号

たとえば、VO + 1 または VO + 9。

VoiceOver カーソル内の段落を読み上げる

VO + P

次の段落を読み上げる

VO + Shift + Page Down

前の段落を読み上げる

VO + Shift + Page Up

VoiceOver カーソル内の文を読み上げる

VO + S

次の文を読み上げる

VO + Command + Page Down

前の文を読み上げる

VO + Command + Page Up

VoiceOver カーソル内の行を読み上げる

VO + L

次の行を読み上げる

VO +下矢印

前の行を読み上げる

VO +上矢印

VoiceOver カーソル内の単語を読み上げる

VO + W

VoiceOver カーソル内の単語のアルファベットをつづる

VO + W + W

VoiceOver カーソル内の単語のフォネティックスペリングをつづる

VO + W + W + W

次の単語を読み上げる

VO +右矢印

前の単語を読み上げる

VO +左矢印

VoiceOver カーソル内の文字を読み上げる

VO + C

VoiceOver カーソル内の文字のフォネティックスペリングを読み上げる

VO + C + C

最初の表示されている単語に移動する

VO + Shift + Home

ノート型の Mac の場合は、VO + Fn +左矢印キーを押します。

最後の表示されている単語に移動する

VO + Shift + End

ノート型の Mac の場合は、VO + Fn +右矢印キーを押します。

テキストの先頭に移動する(必要に応じてスクロールする)

VO + Home

ノート型の Mac の場合は、VO + Shift + Fn +左矢印キーを押します。

テキストの最後に移動する(必要に応じてスクロールする)

VO + End

ノート型の Mac の場合は、VO + Shift + Fn +右矢印キーを押します。

「テキストエディット」で新しいタブ設定を追加する(VoiceOver カーソルがルーラ内のタブ設定にあるときのみ)

VO +スペースバー

「テキストエディット」で現在のタブ設定を削除する(VoiceOver カーソルがルーラ内のタブ設定にあるときのみ)

VO + Delete

「テキストエディット」でタブ設定を操作する(VoiceOver カーソルがルーラ内のタブ設定にあるときのみ)

VO + Shift +下矢印

次に、左矢印キーまたは右矢印キーを使用すると、タブ設定に移動します。

VoiceOver カーソル内の現在の単語および文字を読み上げる

VO + F3

書類内の合計行数と表示されている行数を読み上げる

VO + F3 + F3