macOS High Sierra

方向コマンド

現在の項目や画面上に開いているものに関する情報の読み上げなどの操作を実行するときは、これらのコマンドを使用します。VO は VoiceOver 修飾キーを表します。

注記:VoiceOver がオンになっていると、ファンクションキー(F1 キーから F12 キーまで)を使う代わりに、VoiceOver 修飾キーで Fn キーと数字キーを使って VoiceOver コマンドを入力できます。たとえば、「VoiceOver ユーティリティ」を開くときは、Control + Option + Fn + 8 キー(Control + Option + F8 キーの代わり)を押すことができます。

ファンクションキー(F1 から F12)を使用する場合、「キーボード」環境設定のファンクションキーの動作の設定によっては、Fn キーを押したままにする必要があります。

開いているアプリケーションの要約を読み上げる

VO + F1

「アプリケーション選択」を開く

VO + F1 + F1

現在のウインドウの要約を読み上げる

VO + F2

「ウインドウセレクタ」を開く

VO + F2 + F2

現在のウインドウやそのウインドウがある画面内のセクションの大きさを読み上げる

VO + Command + Shift + F2

現在のウインドウの位置やそのウインドウに重なっているものがあるかどうかを読み上げる

VO + Command + Shift + F2 + F2

VoiceOver カーソル内の項目の説明を読み上げる(チェックボックスが選択されているかどうか、スライダのパーセント値など、その項目の現在の状態を含みます)

VO + F3

現在の項目やその項目がある画面内のセクションの大きさを読み上げる

VO + Command + Shift + F3

現在の項目の位置やその項目に重なっているものがあるかどうかを読み上げる

VO + Command + Shift + F3 + F3

キーボードカーソルのある項目の説明を読み上げる(チェックボックスが選択されているかどうか、スライダのパーセント値など、その現在の状態を含みます)

VO + F4

キーボードフォーカスのある項目の詳細を読み上げる

テキストの場合、挿入ポイントのあるテキスト項目の左上隅を基点とした挿入ポイントの相対位置が読み上げられます。たとえば、「Insertion point is two inches right, five inches down from top-left corner of edit text」と読み上げられます。

VO + F4 + F4

ポインタの下にある項目の説明を読み上げる(チェックボックスが選択されているかどうか、スライダのパーセント値など、その項目の現在の状態を含みます)

VO + F5

画面上の x 座標と y 座標としてのポインタの相対位置を読み上げる(画面の左上隅を基点とします)

VO + F5 + F5

x 座標と y 座標としてのポインタの相対位置を読み上げる(現在のウインドウを基点とします)

VO + F5 + F5 + F5

選択されている項目を読み上げる

VO + F6

VoiceOver カーソルの内容を読み上げる

VO + A

現在の場所に応じてウインドウ、「Dock」、またはデスクトップに表示されている内容を読み上げる

VO + Shift + W

最後に読み上げられた語句を繰り返す

VO + Z

最後に読み上げられた語句をクリップボード(「ペーストボード」)にコピーする

VO + Shift + C

問題解決に役立つように、最後に読み上げられた語句とクラッシュログをデスクトップ上のファイルに保存する

VO + Shift + Z