macOS High Sierra

一般コマンド

VoiceOver のオン/オフを切り替える、ヘルプを表示する、基本設定を変更するなどの操作を実行するときは、これらのコマンドを使用します。VO は VoiceOver 修飾キーを表します。

注記:VoiceOver がオンになっていると、ファンクションキー(F1 キーから F12 キーまで)を使う代わりに、VoiceOver 修飾キーで Fn キーと数字キーを使って VoiceOver コマンドを入力できます。たとえば、「VoiceOver ユーティリティ」を開くときは、Control + Option + Fn + 8 キー(Control + Option + F8 キーの代わり)を押すことができます。

ファンクションキー(F1 から F12)を使用する場合、「キーボード」環境設定のファンクションキーの動作の設定によっては、Fn キーを押したままにする必要があります。

VoiceOver をオン/オフにする

Command + F5

VoiceOver 修飾キーをロック/ロック解除する

VO +セミコロン(;)

「VoiceOver ユーティリティ」を開く

VO + F8

キーボードヘルプを開始する

VO + K

VoiceOver の「ヘルプ」メニューを開く

VO + H

「VoiceOver Quick Start」を開く

VO + Command + F8

VoiceOver のオンラインヘルプを開く

VO +疑問符(?)

現在の項目のヘルプタグを読み上げる

VO + Shift + H

現在の項目の VoiceOver ヒントを読み上げる

VO + Shift + N

「コマンド」メニューを開く

VO + H + H

「検索コマンド」メニューを開く

VO + Shift + F

メニューまたはローテーションを閉じる、処理を中止する、モードを終了する

Escape または Fn + Tab

次に押すキーまたはキーの組み合わせが無視されるように VoiceOver を設定する

VO + Tab

「詳細度」ローテーションを開く

VO + V

設定を選択するときは、左矢印キーまたは右矢印キーを押します。設定のレベルを変更するときは、上矢印キーまたは下矢印キーを使用します。

VoiceOver カーソル内の項目の拡大率を増やす

VO +右大かっこ(})

VoiceOver カーソル内の項目の拡大率を減らす

VO +左大かっこ({)

VoiceOver カーソルとキャプションまたは点字パネルを一時的に非表示にする/表示する

VO + Command + F11

キャプションパネルだけを非表示にする/表示する

VO + Command + F10

キャプションパネルをサイズ変更する/移動する

VO + Shift + F10

もう一度押すと、これらの操作が切り替わります。パネルをサイズ変更または移動するときは、矢印キーを使用します。

点字パネルだけを非表示にする/表示する

VO + Command + F9

点字パネルをサイズ変更する/移動する

VO + Shift + F9

もう一度押すと、これらの操作が切り替わります。パネルをサイズ変更または移動するときは、矢印キーを使用します。

視覚表示をタイル表示する(画面を淡色表示し、キャプションパネルまたは点字パネルを強調表示し、VoiceOver カーソル内の項目を画面の中央に表示する)

VO + F10

もう一度押すと、通常の表示に戻ります。

テンキーコマンダーを有効/無効にする

VO + Clear

キーボードコマンダーを有効/無効にする

VO + Shift + K

トラックパッドコマンダーを有効/無効にする

VO(Control + Option)キーを押して、2 本の指で時計回り(有効にする)または反時計回り(無効にする)に回します。

スクリーンカーテンをオン/オフにする

VO + Shift + F11

ローターでスピーチ設定(声、速度、ピッチなど)を切り替える

VO + Command + Shift +右矢印または左矢印

ローターで現在のスピーチ設定(声、速度、ピッチなど)を大きくする/小さくする

VO + Command + Shift +上矢印または下矢印