macOS High Sierra

色を選択して変更を適用する

「カラーごとの調整」調整を使用すると、写真の特定の色を調整できます。 たとえば、色のついた帽子をかぶっている犬の写真では、「カラーごとの調整」調整を使用して犬の帽子の色を変更することができます。

「カラーごとの調整」の調整前の写真。
「カラーごとの調整」の調整後の写真。

最大 6 つの異なる色を選択して、その色相、彩度、および輝度を変更できます。

  1. 写真をダブルクリックしてからツールバーで「編集」をクリックします。

  2. ツールバーの「調整」をクリックします。

  3. 「調整」パネルで、「カラーごとの調整」の横にある開閉用三角ボタンをクリックします。

  4. カラーウェルをクリックし、選択して色の変更を保存し、「スポイト」ボタン をクリックしてから、写真で変更したい色をクリックします。

    「カラーごとの調整」コントロール。「スポイト」ボタンとカラーウェルが表示されています。
  5. 色を選択した状態で、スライダをドラッグして色を変更します:

    「カラーごとの調整」コントロール。「色相」、「彩度」、「輝度」、および「範囲」スライダが表示されています。
    • ヒュー:選択した色の色相を調整します。たとえば、緑の色相を青に変更できます。

    • サチュレーション:選択した写真の全体的な色の強度が増加または減少します。たとえば、鮮やかなピンク色の彩度を減らすことで、薄いピンク色や灰色に近いピンク色に変えることもできます。

    • ルミナンス:選択した色の輝度(明るさ、つまり面から反射される光の量)を調整します。

    • 範囲:選択した色に基づいて変更する色の範囲を調整します。範囲を変更することで、類似した色が写真に反映される範囲を広げたり狭くしたりできます。たとえば、選択した青の範囲を広げて空の青全体を変更したり、範囲を狭くして青の変更を特定の青の被写体に限定したりできます。